Livewire 2.x Laravel Echo

LivewireはLaravelEchoとうまく連携し、WebページにWebSocketを使用したリアルタイム機能を提供します。

この機能はLaravel Echoがインストールされており、window.Echoオブジェクトがグローバルに利用可能であることを前提としています。詳細はドキュメントをご覧ください。

以下のLaravelイベントについて考えてみます。

class OrderShipped implements ShouldBroadcast
{
    use Dispatchable, InteractsWithSockets, SerializesModels;

    public function broadcastOn()
    {
        return new Channel('orders');
    }
}

このイベントをLaravelのブロードキャストシステムで次のように発行するとします。

event(new OrderShipped);

通常、Laravel Echoでこのイベントを次のようにリッスンします。

Echo.channel('orders')
        .listen('OrderShipped', (e) => {
            console.log(e.order.name);
        });

ただし、Livewireを使用する場合は、Echoから発行されていることを指定するための特別な構文を使用して、$listenersプロパティに登録するだけです。

class OrderTracker extends Component
{
    public $showNewOrderNotification = false;

    // Special Syntax: ['echo:{channel},{event}' => '{method}']
    protected $listeners = ['echo:orders,OrderShipped' => 'notifyNewOrder'];

    public function notifyNewOrder()
    {
        $this->showNewOrderNotification = true;
    }
}

これで、LivewireはPusherから受信したイベントをインターセプトし、それに応じて動作します。同様の方法で、プライベート/プレゼンスチャネルにブロードキャストされたイベントをリッスンできます。

認証コールバックが適切に定義されていることを確認してください。

class OrderTracker extends Component
{
    public $showNewOrderNotification = false;
    public $orderId;

    public function mount($orderId)
    {
        $this->orderId = $orderId;
    }

    public function getListeners()
    {
        return [
            "echo-private:orders.{$this->orderId},OrderShipped" => 'notifyNewOrder',
            // Or:
            "echo-presence:orders.{$this->orderId},OrderShipped" => 'notifyNewOrder',
        ];
    }

    public function notifyNewOrder()
    {
        $this->showNewOrderNotification = true;
    }
}

ドキュメント章別ページ

ヘッダー項目移動

注目:アイコン:ページ内リンク設置(リンクがないヘッダーへの移動では、リンクがある以前のヘッダーのハッシュをURLへ付加します。

移動

クリックで即時移動します。

言語
バージョン

設定

適用ボタンクリック後に、全項目まとめて適用されます。

カラーテーマ
和文指定 Pagination
和文指定 Scaffold
Largeスクリーン表示幅
インデント
本文フォント
コードフォント
フォント適用確認

フォントの指定フィールドから、フォーカスが外れると、当ブロックの内容に反映されます。EnglishのDisplayもPreviewしてください。

フォント設定時、表示に不具合が出た場合、当サイトのクッキーを削除してください。

バックスラッシュを含むインライン\Code\Blockの例です。

以下はコードブロックの例です。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * ユーザに関連する電話レコードを取得
     */
    public function phone()
    {
        return $this->hasOne('App\Phone');
    }
}

設定を保存する前に、表示が乱れないか必ず確認してください。CSSによるフォントファミリー指定の知識がない場合は、フォントを変更しないほうが良いでしょう。

キーボード・ショートカット

オープン操作

PDC

ページ(章)移動の左オフキャンバスオープン

HA

ヘッダー移動モーダルオープン

MS

移動/設定の右オフキャンバスオープン

ヘッダー移動

T

最初のヘッダーへ移動

E

最後のヘッダーへ移動

NJ

次ヘッダー(H2〜H4)へ移動

BK

前ヘッダー(H2〜H4)へ移動

その他

?

このヘルプページ表示
閉じる