Mockery1.0 shouldReceiveのバリエーション

shouldReceiveのバリエーション

Mockerのshould*メソッドのように文字列ではなく、Mockery1.0.0よりPHPメソッドを呼び出すような指定方法をサポートします。

allows()expects()、2つのMockeryメソッドが利用できます。

Allows

あらかじめメソッドの戻り値を定義できるが、何回呼び出されるか、もしくは呼び出されないかを問わないスタブを作成する場合は、allows()を使用します。

$mock = \Mockery::mock('MyClass');
$mock->allows([
    'name_of_method_1' => 'return value',
    'name_of_method_2' => 'return value',
]);

これは次のshouldReceiveと同じ動作をします。

$mock = \Mockery::mock('MyClass');
$mock->shouldReceive([
    'name_of_method_1' => 'return value',
    'name_of_method_2' => 'return value',
]);

この形式では、Mockeryに対しスタブメソッドの引数は、何でもかまわないと指示していることに注目してください。

引数を指定する場合は次のようになります。

$mock = \Mockery::mock('MyClass');
$mock->allows()
    ->name_of_method_1($arg1)
    ->andReturn('return value');

これは次のshouldReceiveと同じ動作をします。

$mock = \Mockery::mock('MyClass');
$mock->shouldReceive('name_of_method_1')
    ->with($arg1)
    ->andReturn('return value');

Expects

特定のメソッドが呼び出されるのを確認したい場合は、expects()を使います。

$mock = \Mockery::mock('MyClass');
$mock->expects()
    ->name_of_method_1($arg1)
    ->andReturn('return value');

これは次のshouldReceiveと同じ動作をします。

$mock = \Mockery::mock('MyClass');
$mock->shouldReceive('name_of_method_1')
    ->once()
    ->with($arg1)
    ->andReturn('return value');

expects()はデフォルトで、そのメソッドを一回のみ呼び出すエクスペクションを設定します。2回以上メソッドが呼び出されるのを期待する場合は、エクスペクションを変更できます。

$mock = \Mockery::mock('MyClass');
$mock->expects()
    ->name_of_method_1($arg1)
    ->twice()
    ->andReturn('return value');

ドキュメント章別ページ

概論

ヘッダー項目移動

注目:アイコン:ページ内リンク設置(リンクがないヘッダーへの移動では、リンクがある以前のヘッダーのハッシュをURLへ付加します。

移動

クリックで即時移動します。

バージョン

設定

適用ボタンクリック後に、全項目まとめて適用されます。

カラーテーマ
和文指定 Pagination
和文指定 Scaffold
Largeスクリーン表示幅
インデント
本文フォント
コードフォント
フォント適用確認

フォントの指定フィールドから、フォーカスが外れると、当ブロックの内容に反映されます。EnglishのDisplayもPreviewしてください。

フォント設定時、表示に不具合が出た場合、当サイトのクッキーを削除してください。

バックスラッシュを含むインライン\Code\Blockの例です。

以下はコードブロックの例です。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * ユーザに関連する電話レコードを取得
     */
    public function phone()
    {
        return $this->hasOne('App\Phone');
    }
}

設定を保存する前に、表示が乱れないか必ず確認してください。CSSによるフォントファミリー指定の知識がない場合は、フォントを変更しないほうが良いでしょう。

キーボード・ショートカット

オープン操作

PDC

ページ(章)移動の左オフキャンバスオープン

HA

ヘッダー移動モーダルオープン

MS

移動/設定の右オフキャンバスオープン

ヘッダー移動

T

最初のヘッダーへ移動

E

最後のヘッダーへ移動

NJ

次ヘッダー(H2〜H4)へ移動

BK

前ヘッダー(H2〜H4)へ移動

その他

?

このヘルプページ表示
閉じる