Laravel 5.5 テスト: テストの準備

イントロダクション

Laravelはユニットテストも考慮して構築されています。実際、PHPUnitをサポートしており、最初から含まれています。アプリケーションのためにphpunit.xmlファイルも最初から準備されています。さらにフレームワークはアプリケーションを記述的にテストするために便利なヘルパメソッドも持っています。

デフォルトでアプリケーションのtestsディレクトリには、2つのディレクトリが存在しています。FeatureUnitです。ユニットテストは極小さい、コードの独立した一部をテストします。実際、殆どのユニット(Unit)テストは一つのメソッドに焦点をあてます。機能(Feature)テストは、多くのオブジェクトがそれぞれどのように関しているかとか、JSONエンドポイントへ完全なHTTPリクエストを送ることさえ含む、コードの幅広い範囲をテストします。

FeatureUnit、両テストディレクトリには、ExampleTest.phpが用意されています。真新しいLaravelアプリケーションをインストールしたらテストを実行するため、コマンドラインからphpunitを実行してください。

環境

phpunit.xmlファイル中で環境変数が設定されているため、phpunitを実行するとLaravelは自動的に設定環境をtestingにセットします。Laravelはまた、セッションとキャッシュの設定をarrayドライバーに設定し、テスト中のセッションやキャッシュデータが残らないようにします。

必要であれば他のテスト設定環境を自由に作成することもできます。testing動作環境変数はphpunit.xmlの中で設定されています。テスト実行前には、config:clear Artisanコマンドを実行し、設定キャッシュをクリアするのを忘れないでください。

テストの生成と実行

新しいテストケースを作成するには、make:test Artisanコマンドを使います。

// Featureディレクトリにテストを生成する
php artisan make:test UserTest

// Unitディレクトリにテストを生成する
php artisan make:test UserTest --unit

テストを生成したら、PHPUnitを使用するときと同じように、テストメソッドを定義してください。テストを実行するには、ターミナルでphpunitコマンドを実行します。

<?php

namespace Tests\Unit;

use Tests\TestCase;
use Illuminate\Foundation\Testing\RefreshDatabase;

class ExampleTest extends TestCase
{
    /**
     * 基本的なテスト例
     *
     * @return void
     */
    public function testBasicTest()
    {
        $this->assertTrue(true);
    }
}

Note: テストクラスに独自のsetUpメソッドを定義する場合は、parent::setUp()を確実に呼び出してください。

ドキュメント章別ページ

公式パッケージ

ヘッダー項目移動

注目:アイコン:ページ内リンク設置(リンクがないヘッダーへの移動では、リンクがある以前のヘッダーのハッシュをURLへ付加します。

移動

クリックで即時移動します。

バージョン

設定

適用ボタンクリック後に、全項目まとめて適用されます。

カラーテーマ
和文指定 Pagination
和文指定 Scaffold
Largeスクリーン表示幅
インデント
本文フォント
コードフォント
フォント適用確認

フォントの指定フィールドから、フォーカスが外れると、当ブロックの内容に反映されます。EnglishのDisplayもPreviewしてください。

フォント設定時、表示に不具合が出た場合、当サイトのクッキーを削除してください。

バックスラッシュを含むインライン\Code\Blockの例です。

以下はコードブロックの例です。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * ユーザに関連する電話レコードを取得
     */
    public function phone()
    {
        return $this->hasOne('App\Phone');
    }
}

設定を保存する前に、表示が乱れないか必ず確認してください。CSSによるフォントファミリー指定の知識がない場合は、フォントを変更しないほうが良いでしょう。

キーボード・ショートカット

オープン操作

PDC

ページ(章)移動の左オフキャンバスオープン

HA

ヘッダー移動モーダルオープン

MS

移動/設定の右オフキャンバスオープン

ヘッダー移動

T

最初のヘッダーへ移動

E

最後のヘッダーへ移動

NJ

次ヘッダー(H2〜H4)へ移動

BK

前ヘッダー(H2〜H4)へ移動

その他

?

このヘルプページ表示
閉じる