Laravel 5.2 Hashing

Introduction

The Laravel Hash facade provides secure Bcrypt hashing for storing user passwords. If you are using the AuthController controller that is included with your Laravel application, it will automatically use Bcrypt for registration and authentication.

Bcrypt is a great choice for hashing passwords because its "work factor" is adjustable, which means that the time it takes to generate a hash can be increased as hardware power increases.

Basic Usage

You may hash a password by calling the make method on the Hash facade:

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Hash;
use App\User;
use Illuminate\Http\Request;
use App\Http\Controllers\Controller;

class UserController extends Controller
{
    /**
     * Update the password for the user.
     *
     * @param  Request  $request
     * @param  int  $id
     * @return Response
     */
    public function updatePassword(Request $request, $id)
    {
        $user = User::findOrFail($id);

        // Validate the new password length...

        $user->fill([
            'password' => Hash::make($request->newPassword)
        ])->save();
    }
}

Alternatively, you may also use the global bcrypt helper function:

bcrypt('plain-text');

Verifying A Password Against A Hash

The check method allows you to verify that a given plain-text string corresponds to a given hash. However, if you are using the AuthController included with Laravel, you will probably not need to use this directly, as the included authentication controller automatically calls this method:

if (Hash::check('plain-text', $hashedPassword)) {
    // The passwords match...
}

Checking If A Password Needs To Be Rehashed

The needsRehash function allows you to determine if the work factor used by the hasher has changed since the password was hashed:

if (Hash::needsRehash($hashed)) {
    $hashed = Hash::make('plain-text');
}

ドキュメント章別ページ

ヘッダー項目移動

注目:アイコン:ページ内リンク設置(リンクがないヘッダーへの移動では、リンクがある以前のヘッダーのハッシュをURLへ付加します。

移動

クリックで即時移動します。

バージョン

設定

適用ボタンクリック後に、全項目まとめて適用されます。

カラーテーマ
和文指定 Pagination
和文指定 Scaffold
Largeスクリーン表示幅
インデント
本文フォント
コードフォント
フォント適用確認

フォントの指定フィールドから、フォーカスが外れると、当ブロックの内容に反映されます。EnglishのDisplayもPreviewしてください。

フォント設定時、表示に不具合が出た場合、当サイトのクッキーを削除してください。

バックスラッシュを含むインライン\Code\Blockの例です。

以下はコードブロックの例です。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * ユーザに関連する電話レコードを取得
     */
    public function phone()
    {
        return $this->hasOne('App\Phone');
    }
}

設定を保存する前に、表示が乱れないか必ず確認してください。CSSによるフォントファミリー指定の知識がない場合は、フォントを変更しないほうが良いでしょう。

キーボード・ショートカット

オープン操作

PDC

ページ(章)移動の左オフキャンバスオープン

HA

ヘッダー移動モーダルオープン

MS

移動/設定の右オフキャンバスオープン

ヘッダー移動

T

最初のヘッダーへ移動

E

最後のヘッダーへ移動

NJ

次ヘッダー(H2〜H4)へ移動

BK

前ヘッダー(H2〜H4)へ移動

その他

?

このヘルプページ表示
閉じる