Laravel 5.3 Encryption

Introduction

Laravel's encrypter uses OpenSSL to provide AES-256 and AES-128 encryption. You are strongly encouraged to use Laravel's built-in encryption facilities and not attempt to roll your own "home grown" encryption algorithms. All of Laravel's encrypted values are signed using a message authentication code (MAC) so that their underlying value can not be modified once encrypted.

Configuration

Before using Laravel's encrypter, you must set a key option in your config/app.php configuration file. You should use the php artisan key:generate command to generate this key since this Artisan command will use PHP's secure random bytes generator to build your key. If this value is not properly set, all values encrypted by Laravel will be insecure.

Using The Encrypter

Encrypting A Value

You may encrypt a value using the encrypt helper. All encrypted values are encrypted using OpenSSL and the AES-256-CBC cipher. Furthermore, all encrypted values are signed with a message authentication code (MAC) to detect any modifications to the encrypted string:

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use App\User;
use Illuminate\Http\Request;
use App\Http\Controllers\Controller;

class UserController extends Controller
{
    /**
     * Store a secret message for the user.
     *
     * @param  Request  $request
     * @param  int  $id
     * @return Response
     */
    public function storeSecret(Request $request, $id)
    {
        $user = User::findOrFail($id);

        $user->fill([
            'secret' => encrypt($request->secret)
        ])->save();
    }
}

Note: Encrypted values are passed through serialize during encryption, which allows for encryption of objects and arrays. Thus, non-PHP clients receiving encrypted values will need to unserialize the data.

Decrypting A Value

You may decrypt values using the decrypt helper. If the value can not be properly decrypted, such as when the MAC is invalid, an Illuminate\Contracts\Encryption\DecryptException will be thrown:

use Illuminate\Contracts\Encryption\DecryptException;

try {
    $decrypted = decrypt($encryptedValue);
} catch (DecryptException $e) {
    //
}

ドキュメント章別ページ

Dev Environments
Views & Templates
Artisan Console
Official Packages

ヘッダー項目移動

注目:アイコン:ページ内リンク設置(リンクがないヘッダーへの移動では、リンクがある以前のヘッダーのハッシュをURLへ付加します。

移動

クリックで即時移動します。

バージョン

設定

適用ボタンクリック後に、全項目まとめて適用されます。

カラーテーマ
和文指定 Pagination
和文指定 Scaffold
Largeスクリーン表示幅
インデント
本文フォント
コードフォント
フォント適用確認

フォントの指定フィールドから、フォーカスが外れると、当ブロックの内容に反映されます。EnglishのDisplayもPreviewしてください。

フォント設定時、表示に不具合が出た場合、当サイトのクッキーを削除してください。

バックスラッシュを含むインライン\Code\Blockの例です。

以下はコードブロックの例です。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * ユーザに関連する電話レコードを取得
     */
    public function phone()
    {
        return $this->hasOne('App\Phone');
    }
}

設定を保存する前に、表示が乱れないか必ず確認してください。CSSによるフォントファミリー指定の知識がない場合は、フォントを変更しないほうが良いでしょう。

キーボード・ショートカット

オープン操作

PDC

ページ(章)移動の左オフキャンバスオープン

HA

ヘッダー移動モーダルオープン

MS

移動/設定の右オフキャンバスオープン

ヘッダー移動

T

最初のヘッダーへ移動

E

最後のヘッダーへ移動

NJ

次ヘッダー(H2〜H4)へ移動

BK

前ヘッダー(H2〜H4)へ移動

その他

?

このヘルプページ表示
閉じる