Laravel 5.3 Hashing

Introduction

The Laravel Hash facade provides secure Bcrypt hashing for storing user passwords. If you are using the built-in LoginController and RegisterController classes that are included with your Laravel application, they will automatically use Bcrypt for registration and authentication.

Tip!! Bcrypt is a great choice for hashing passwords because its "work factor" is adjustable, which means that the time it takes to generate a hash can be increased as hardware power increases.

Basic Usage

You may hash a password by calling the make method on the Hash facade:

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;
use Illuminate\Support\Facades\Hash;
use App\Http\Controllers\Controller;

class UpdatePasswordController extends Controller
{
    /**
     * Update the password for the user.
     *
     * @param  Request  $request
     * @return Response
     */
    public function update(Request $request)
    {
        // Validate the new password length...

        $request->user()->fill([
            'password' => Hash::make($request->newPassword)
        ])->save();
    }
}

Verifying A Password Against A Hash

The check method allows you to verify that a given plain-text string corresponds to a given hash. However, if you are using the LoginController included with Laravel, you will probably not need to use this directly, as this controller automatically calls this method:

if (Hash::check('plain-text', $hashedPassword)) {
    // The passwords match...
}

Checking If A Password Needs To Be Rehashed

The needsRehash function allows you to determine if the work factor used by the hasher has changed since the password was hashed:

if (Hash::needsRehash($hashed)) {
    $hashed = Hash::make('plain-text');
}

ドキュメント章別ページ

Dev Environments
Views & Templates
Artisan Console
Official Packages

ヘッダー項目移動

注目:アイコン:ページ内リンク設置(リンクがないヘッダーへの移動では、リンクがある以前のヘッダーのハッシュをURLへ付加します。

移動

クリックで即時移動します。

バージョン

設定

適用ボタンクリック後に、全項目まとめて適用されます。

カラーテーマ
和文指定 Pagination
和文指定 Scaffold
Largeスクリーン表示幅
インデント
本文フォント
コードフォント
フォント適用確認

フォントの指定フィールドから、フォーカスが外れると、当ブロックの内容に反映されます。EnglishのDisplayもPreviewしてください。

フォント設定時、表示に不具合が出た場合、当サイトのクッキーを削除してください。

バックスラッシュを含むインライン\Code\Blockの例です。

以下はコードブロックの例です。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * ユーザに関連する電話レコードを取得
     */
    public function phone()
    {
        return $this->hasOne('App\Phone');
    }
}

設定を保存する前に、表示が乱れないか必ず確認してください。CSSによるフォントファミリー指定の知識がない場合は、フォントを変更しないほうが良いでしょう。

キーボード・ショートカット

オープン操作

PDC

ページ(章)移動の左オフキャンバスオープン

HA

ヘッダー移動モーダルオープン

MS

移動/設定の右オフキャンバスオープン

ヘッダー移動

T

最初のヘッダーへ移動

E

最後のヘッダーへ移動

NJ

次ヘッダー(H2〜H4)へ移動

BK

前ヘッダー(H2〜H4)へ移動

その他

?

このヘルプページ表示
閉じる