Laravel 5.3 契約

イントロダクション

Laravelの契約とはインターフェイスのことで、フレームワークにより提供されているコアサービスを定義したものです。例えばIlluminate\Contracts\Queue\Queue契約はジョブをキューするために必要なメソッドを定義しており、一方Illuminate\Contracts\Mail\Mailer契約はメール送信に必要なメソッドを定義しています。

それぞれの契約はフレームワークにより提供されている実装と対応しています。たとえばLaravelは多様なドライバと共に、キューの実装を提供しており、メーラーの実装は、SwiftMailerです。

Laravelの全契約はGitHubのリポジトリーで参照できます。これは全契約を素早く参照する方法であり、同時にパッケージ開発者は個別に独立したパッケージを利用する際、参考にできるでしょう。

契約 vs. ファサード

Laravelのファサードとヘルパ関数は、タイプヒントやサービスコンテナを契約の解決に使用する必要なく、Laravelの機能を活用できる、シンプルな手法を提供しています。ほとんどの場合、各ファサードと同等の契約が用意されています。

クラスのコンストラクタで、タイプヒントを指定する必要がないファサードと異なり、契約はクラスで必要な依存を明確に定義付けることができます。ある開発者はこの方法で、明確に依存を定義することを好みますが、一方で他の開発者はファサードの利便性を楽しんでいます。

Tip!! 大抵のアプリケーションでは、好みがファサードでも、契約でも問題ないでしょう。しかし、パッケージを作成する場合は、パッケージ開発のテストのしやすさという点で、契約を使うことをしっかりと考えるべきでしょう。

いつ契約を使うか

他でも説明しているように、契約とファサードのどちらを使うかは、個人や開発チームの好みに行き着きます。契約とファサードのどちらでも、堅牢でよくテストされたLaravelアプリケーションを作成できます。クラスの責務に焦点を当てていれば、契約とファサード間の実践上の違いはとても小さいことに気がつくでしょう。

しかし、契約に関して皆さん、まだ多くの疑問をお持ちでしょう。たとえば、なぜすべてにインターフェイスを使うのでしょう? インターフェイスはより複雑ではないのでしょうか? インターフェイスを使用する理由は、次の点に集約されます。「疎結合と単純さ」

疎結合

最初にキャッシュの実装とがっちり結合したコードをレビューしてみましょう。次のコードをご覧ください。

<?php

namespace App\Orders;

class Repository
{
    /**
     * キャッシュインスタンス
     */
    protected $cache;

    /**
     * 新しいリポジトリインスタンスの生成
     *
     * @param  \SomePackage\Cache\Memcached  $cache
     * @return void
     */
    public function __construct(\SomePackage\Cache\Memcached $cache)
    {
        $this->cache = $cache;
    }

    /**
     * 注文をIDから取得
     *
     * @param  int  $id
     * @return Order
     */
    public function find($id)
    {
        if ($this->cache->has($id))    {
            //
        }
    }
}

このクラスのコードは、使用しているキャッシュの実装ときつく結合しています。つまりパッケージベンダーの具象キャッシュクラスに依存しているために、結合が強くなっています。パッケージのAPIが変更されたら、同時にこのコードも変更しなくてはなりません。

キャッシュの裏で動作している技術(Memcached)を別のもの(Redis)へ置き換えたくなれば、リポジトリーを修正する必要があるというのは起こり得ます。リポジトリーは誰がデータを提供しているかとか、どのように提供しているかという知識を沢山持っていてはいけません。

このようなアプローチを取る代わりに、ベンダーと関連がないシンプルなインターフェイスへ依存するコードにより向上できます。

<?php

namespace App\Orders;

use Illuminate\Contracts\Cache\Repository as Cache;

class Repository
{
    /**
     * キャッシュインスタンス
     */
    protected $cache;

    /**
     * 新しいリポジトリインスタンスの生成
     *
     * @param  Cache  $cache
     * @return void
     */
    public function __construct(Cache $cache)
    {
        $this->cache = $cache;
    }
}

これでコードは特定のベンダー、しかもLaravelにさえ依存しなくなりました。契約パッケージは実装も依存も含んでいないため、与えられた契約の異なった実装を簡単に記述できます。キャッシュを使用するコードを変更することなく、キャッシュ実装を置き換えることができるようになりました。

単純さ

Laravelのサービスは全てシンプルなインターフェイスの中で適切に定義されているので、サービスが提供する機能も簡単に定義できています。 契約はフレームワークの機能の簡単なドキュメントとして使えます。

それに加え、シンプルなインターフェイスに基づけばあなたのコードは簡単に理解でき、メンテナンスできるようにもなります。大きくて複雑なクラスの中でどのメソッドが使用可能かを探し求めるよりも、シンプルでクリーンなインターフェイスを参照できます。

契約使用法

では、契約の実装はどうやって入手するのでしょうか?とてもシンプルです。

Laravelでは多くのタイプのクラスがサービスコンテナを利用して依存解決されています。コントローラーを始め、イベントリスナ、フィルター、キュージョブ、それにルートクロージャもそうです。契約の実装を手に入れるには、依存を解決するクラスのコンストラクターで「タイプヒント」を指定するだけです。

例として、次のイベントハンドラをご覧ください。

<?php

namespace App\Listeners;

use App\User;
use App\Events\OrderWasPlaced;
use Illuminate\Contracts\Redis\Database;

class CacheOrderInformation
{
    /**
     * Redisデータベースの実装
     */
    protected $redis;

    /**
     * 新しいイベントハンドラの生成
     *
     * @param  Database  $redis
     * @return void
     */
    public function __construct(Database $redis)
    {
        $this->redis = $redis;
    }

    /**
     * イベントの処理
     *
     * @param  OrderWasPlaced  $event
     * @return void
     */
    public function handle(OrderWasPlaced $event)
    {
        //
    }
}

イベントリスナの依存解決時に、サービスコンテナはクラスのコンストラクターで指定されているタイプヒントを読み取り、適切な値を注入します。サービスコンテナへ何かを登録する方法を学ぶには、ドキュメントを参照してください。

契約リファレンス

次の一覧表は、全Laravel契約と、同機能のファサードのクイックリファレンスです。

契約 対応するファサード
Illuminate\Contracts\Auth\Factory Auth
Illuminate\Contracts\Auth\PasswordBroker Password
Illuminate\Contracts\Bus\Dispatcher Bus
Illuminate\Contracts\Broadcasting\Broadcaster  
Illuminate\Contracts\Cache\Repository Cache
Illuminate\Contracts\Cache\Factory Cache::driver()
Illuminate\Contracts\Config\Repository Config
Illuminate\Contracts\Container\Container App
Illuminate\Contracts\Cookie\Factory Cookie
Illuminate\Contracts\Cookie\QueueingFactory Cookie::queue()
Illuminate\Contracts\Encryption\Encrypter Crypt
Illuminate\Contracts\Events\Dispatcher Event
Illuminate\Contracts\Filesystem\Cloud  
Illuminate\Contracts\Filesystem\Factory File
Illuminate\Contracts\Filesystem\Filesystem File
Illuminate\Contracts\Foundation\Application App
Illuminate\Contracts\Hashing\Hasher Hash
Illuminate\Contracts\Logging\Log Log
Illuminate\Contracts\Mail\MailQueue Mail::queue()
Illuminate\Contracts\Mail\Mailer Mail
Illuminate\Contracts\Queue\Factory Queue::driver()
Illuminate\Contracts\Queue\Queue Queue
Illuminate\Contracts\Redis\Database Redis
Illuminate\Contracts\Routing\Registrar Route
Illuminate\Contracts\Routing\ResponseFactory Response
Illuminate\Contracts\Routing\UrlGenerator URL
Illuminate\Contracts\Support\Arrayable  
Illuminate\Contracts\Support\Jsonable  
Illuminate\Contracts\Support\Renderable  
Illuminate\Contracts\Validation\Factory Validator::make()
Illuminate\Contracts\Validation\Validator  
Illuminate\Contracts\View\Factory View::make()
Illuminate\Contracts\View\View  

ドキュメント章別ページ

開発環境
ビューとテンプレート
Artisanコンソール
公式パッケージ

ヘッダー項目移動

注目:アイコン:ページ内リンク設置(リンクがないヘッダーへの移動では、リンクがある以前のヘッダーのハッシュをURLへ付加します。

移動

クリックで即時移動します。

バージョン

設定

適用ボタンクリック後に、全項目まとめて適用されます。

カラーテーマ
和文指定 Pagination
和文指定 Scaffold
Largeスクリーン表示幅
インデント
本文フォント
コードフォント
フォント適用確認

フォントの指定フィールドから、フォーカスが外れると、当ブロックの内容に反映されます。EnglishのDisplayもPreviewしてください。

フォント設定時、表示に不具合が出た場合、当サイトのクッキーを削除してください。

バックスラッシュを含むインライン\Code\Blockの例です。

以下はコードブロックの例です。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * ユーザに関連する電話レコードを取得
     */
    public function phone()
    {
        return $this->hasOne('App\Phone');
    }
}

設定を保存する前に、表示が乱れないか必ず確認してください。CSSによるフォントファミリー指定の知識がない場合は、フォントを変更しないほうが良いでしょう。

キーボード・ショートカット

オープン操作

PDC

ページ(章)移動の左オフキャンバスオープン

HA

ヘッダー移動モーダルオープン

MS

移動/設定の右オフキャンバスオープン

ヘッダー移動

T

最初のヘッダーへ移動

E

最後のヘッダーへ移動

NJ

次ヘッダー(H2〜H4)へ移動

BK

前ヘッダー(H2〜H4)へ移動

その他

?

このヘルプページ表示
閉じる