Laravel 5.3 HTTPリクエスト

リクエストの取得

依存注入により、現在のHTTPリクエストインスタンスを取得するには、タイプヒントでIlluminate\Http\Requestクラスをコントローラーメソッドに指定します。現在のリクエストインスタンスが、サービスプロバイダにより、自動的に注入されます。

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;

class UserController extends Controller
{
    /**
     * 新しいユーザーを保存
     *
     * @param  Request  $request
     * @return Response
     */
    public function store(Request $request)
    {
        $name = $request->input('name');

        //
    }
}

依存注入とルートパラメータ

もし、コントローラーメソッドでルートパラメーターも併用したい場合は、依存の指定の後にルート引数を続けてリストしてください。たとえば次のようにルートを定義している場合:

Route::put('user/{id}', 'UserController@update');

次のようにコントローラーメソッドの中で、まずタイプヒントでIlluminate\Http\Requestを指定し、それからルートパラメーターのidへアクセスします。

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;

class UserController extends Controller
{
    /**
     * 指定したユーザーの更新
     *
     * @param  Request  $request
     * @param  string  $id
     * @return Response
     */
    public function update(Request $request, $id)
    {
        //
    }
}

ルートクロージャでのリクエスト取得

ルートクロージャでもIlluminate\Http\Requesをタイプヒントで指定できます。そのルートが実行されると、送信されてきたリクエストをサービスコンテナが自動的にクロージャへ渡します。

use Illuminate\Http\Request;

Route::get('/', function (Request $request) {
    //
});

リクエストパスとメソッド

Illuminate\Http\Requestインスタンスは、Symfony\Component\HttpFoundation\Requestクラスを拡張しており、HTTPリクエストを調べるために数多くのメソッドを提供しています。提供されている便利なメソッドをいくつか紹介しましょう。

リクエストURIの取得

pathメソッドはリクエストURIを返します。もしリクエストがhttp://domain.com/foo/barに送られたとすると、pathメソッドはfoo/barを返します。

$uri = $request->path();

isメソッドにより、リクエストのURIが指定されたパターンに合致するかを確認できます。このメソッドでは*をワイルドカードとして使用できます。

if ($request->is('admin/*')) {
    //
}

リクエストURLの取得

送信されたリクエストの完全なURLを取得する場合は、urlfullUrlメソッドを使用してください。urlメソッドはクエリストリングを除いたURLを返し、一方のfullUrlメソッドはクエリストリング付きで返します。

// クエリ文字列なし
$url = $request->url();

// クエリ文字列付き
$url = $request->fullUrl();

リクエストメソッドの取得

methodメソッドはリクエストのHTTP動詞を返します。また、isMethodメソッドを使えば、指定した文字列とHTTP動詞が一致するかを調べることができます。

$method = $request->method();

if ($request->isMethod('post')) {
    //
}

PSR-7リクエスト

PSR-7規約はリクエストとレスポンスを含めたHTTPメッセージのインターフェイスを規定しています。PSR-7リクエストのインスタンスを受け取りたければ、ライブラリーをいくつかインストールする必要があります。LaravelはLaravelリクエストとレスポンスをPSR-7互換の実装に変換するために、Symfony HTTPメッセージブリッジコンポーネントを使用しています。

composer require symfony/psr-http-message-bridge
composer require zendframework/zend-diactoros

これらのライブラリをインストールし、ルートクロージャかコントローラメソッドで、リクエストインターフェイスをタイプヒントで指定すれば、PSR-7リクエストを取得できます。

use Psr\Http\Message\ServerRequestInterface;

Route::get('/', function (ServerRequestInterface $request) {
    //
});

Tip!! ルートかコントローラーからPSR-7レスポンスインスタンスを返せば、自動的にLaravelのレスポンスインスタンスに変換され、フレームワークにより表示されます。

入力の取得

全入力データの取得

全入力を「配列」として受け取りたい場合は、allメソッドを使用します。

$input = $request->all();

入力値の取得

Illuminate\Http\Requestインスタンスのシンプルなメソッドを利用すれば、ユーザ入力の全てにアクセスできます。リクエストのHTTP動詞に気をもむ必要はありません。HTTP動詞に関わらず、inputメソッドでユーザ入力を取得できます。

$name = $request->input('name');

inputメソッドには第2引数としてデフォルト値を指定できます。この値はリクエストに指定した入力値が存在していない場合に返されます。

$name = $request->input('name', 'Sally');

配列での入力を含むフォームを取り扱うときは、「ドット」記法で配列へアクセスできます。

$name = $request->input('products.0.name');

$names = $request->input('products.*.name');

動的プロバティーでの入力取得

Illuminate\Http\Requestインスタンスに対する動的プロパティとして、ユーザインプットにアクセスすることも可能です。例えば、アプリケーションのフォーム上にnameフィールドがあり、入力されたフィールド値にアクセスする場合は次のように行います。

$name = $request->name;

動的プロパティが使われた場合、Laravelは最初にリクエスト本体のパラメータ値を探します。存在していない場合、次にルートパラメータ上のフィールドを探します。

JSON入力値の取得

アプリケーションにJSONリクエストが送られ、Content-Typeヘッダプロパティにapplication/jsonが指定されていたら、inputメソッドによりJSON情報へアクセスできます。JSON配列の深い要素にアクセスするために、「ドット」記法も使用できます。

$name = $request->input('user.name');

入力データの一部取得

入力データの一部を取得する必要があるなら、onlyexceptメソッドが使用できます。両方のメソッドともに限定したい入力を「配列」や引数の並びとして指定します。

$input = $request->only(['username', 'password']);

$input = $request->only('username', 'password');

$input = $request->except(['credit_card']);

$input = $request->except('credit_card');

入力値の存在チェック

リクエストに入力値が存在するかを調べるには、hasメソッドが使用できます。hasメソッドは値が存在し、かつ空文字ではない場合にtrueを返します。

if ($request->has('name')) {
    //
}

直前の入力

Laravelでは入力を次のリクエスト一回を処理するまで保存することができます。これが特に便利なのは、バリデーションにエラーがあった場合にフォームを再表示する時です。しかし、Laravelに含まれるバリデーション機能を使っていれば、こうしたメソッドを自分で利用する必要はありません。組み込みバリデーション機能では自動的に利用します。

入力をフラッシュデータとして保存

Illuminate\Http\Requestクラスのflashメソッドは、現在の入力をセッションへ、アプリケーションに要求される次のユーザリクエストの処理中だけ利用できるフラッシュデータとして保存します。

$request->flash();

セッションへ入力の一部をフラッシュデータとして保存するには、flashOnlyflashExceptが使用できます。両メソッドは、パスワードなどの機密情報をセッションに含めないために便利です。

$request->flashOnly(['username', 'email']);

$request->flashExcept('password');

入力保存後にリダイレクト

入力をフラッシュデータとして保存する必要があるのは、直前のページヘリダイレクトする場合が多いでしょうから、withInputメソッドをリダイレクトにチェーンして簡単に、入力をフラッシュデータとして保存できます。

return redirect('form')->withInput();

return redirect('form')->withInput(
    $request->except('password')
);

直前のデータを取得

直前のリクエストのフラッシュデータを取得するには、Requestインスタンスに対しoldメソッドを使用してください。oldメソッドはセッションにフラッシュデータとして保存されている入力を取り出すために役に立ちます。

$username = $request->old('username');

Laravelではoldグローバルヘルパ関数も用意しています。特にBladeテンプレートで直前の入力値を表示したい場合に、oldヘルパは便利です。指定した文字列の入力が存在していないときは、nullを返します。

<input type="text" name="username" value="{{ old('username') }}">

クッキー

リクエストからクッキーを取得

Laravelフレームワークが作成するクッキーは全て暗号化され、認証コードで著名されています。つまりクライアントにより変更されると、無効なクッキーとして取り扱います。リクエストからクッキー値を取得するには、Illuminate\Http\Requestインスタンスに対してcookieメソッドを使用してください。

$value = $request->cookie('name');

レスポンスへクッキーを付ける

送信するIlluminate\Http\Responseインスタンスへcookieメソッドを使い、クッキーを付加できます。このメソッドには、名前、値、それとこのクッキーが有効である分数を渡します。

return response('Hello World')->cookie(
    'name', 'value', $minutes
);

cookieメソッドには、あまり繁用されない、いくつかの引数を付けることもできます。そうした引数は、PHPネイティブのsetcookieメソッドの引数と、全般的に同じ目的や意味合いを持っています。

return response('Hello World')->cookie(
    'name', 'value', $minutes, $path, $domain, $secure, $httpOnly
);

Cookieインスタンスの生成

後からレスポンスインスタンスへ付けることが可能な、Symfony\Component\HttpFoundation\Cookieインスタンスを生成したければ、cookieグローバルヘルパが使えます。このクッキーはレスポンスインスタンスへアタッチしない限り、クライアントへ送信されません。

$cookie = cookie('name', 'value', $minutes);

return response('Hello World')->cookie($cookie);

ファイル

アップロードファイルの取得

アップロードしたファイルへアクセスするには、Illuminate\Http\Requestインスタンスに含まれているfileメソッドか、動的プロパティを使用します。fileメソッドはIlluminate\Http\UploadedFileクラスのインスタンスを返します。これはPHPのSplFileInfoクラスを拡張してあり、様々なファイル操作のメソッドを提供しています。

$file = $request->file('photo');

$file = $request->photo;

リクエスト中にファイルが存在しているかを判定するには、hadFileメソッドを使います。

if ($request->hasFile('photo')) {
    //
}

アップロードに成功したか確認

ファイルが存在しているかに付け加え、isValidメソッドで問題なくアップロードできたのかを確認できます。

if ($request->file('photo')->isValid()) {
    //
}

ファイルパスと拡張子

UploadedFileクラスはファイルの絶対パスと拡張子へアクセスするメソッドも提供しています。extensionメソッドは、ファイルのコンテンツを元に拡張子を推測します。この拡張子はクライアントから提供された拡張子と異なっている可能性があります。

$path = $request->photo->path();

$extension = $request->photo->extension();

他のファイルメソッド

他にも、たくさんのメソッドがUploadedFileインスタンスに存在しています。このクラスのAPIドキュメントで、より詳細な情報が得られます。

アップロードファイルの保存

アップロードファイルを保存するには、通常設定済みのファイルシステムの1つを使います。UploadedFileクラスのstoreメソッドは、ローカルにあろうが、Amazon S3のようなクラウドストレージであろうが、ディスクの1つへアップロードファイルを移動します。

storeメソッドへは、ファイルシステムで設定したルートディレクトリからの相対位置で、どこに保存するか指定します。このパスにはファイル名を含んではいけません。ファイル名としてUUIDが自動的に生成されるためです。

storeメソッドには、ファイルを保存するために使用するディスクの名前を任意の第2引数として指定もできます。メソッドはディスクルートからの相対ファイルパスを返します。

$path = $request->photo->store('images');

$path = $request->photo->store('images', 's3');

ファイル名を自動で生成したくない場合は、パスとファイル名、ディスク名を引数に取る、storeAsメソッドを使ってください。

$path = $request->photo->storeAs('images', 'filename.jpg');

$path = $request->photo->storeAs('images', 'filename.jpg', 's3');

ドキュメント章別ページ

開発環境
ビューとテンプレート
Artisanコンソール
公式パッケージ

ヘッダー項目移動

注目:アイコン:ページ内リンク設置(リンクがないヘッダーへの移動では、リンクがある以前のヘッダーのハッシュをURLへ付加します。

移動

クリックで即時移動します。

バージョン

設定

適用ボタンクリック後に、全項目まとめて適用されます。

カラーテーマ
和文指定 Pagination
和文指定 Scaffold
Largeスクリーン表示幅
インデント
本文フォント
コードフォント
フォント適用確認

フォントの指定フィールドから、フォーカスが外れると、当ブロックの内容に反映されます。EnglishのDisplayもPreviewしてください。

フォント設定時、表示に不具合が出た場合、当サイトのクッキーを削除してください。

バックスラッシュを含むインライン\Code\Blockの例です。

以下はコードブロックの例です。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * ユーザに関連する電話レコードを取得
     */
    public function phone()
    {
        return $this->hasOne('App\Phone');
    }
}

設定を保存する前に、表示が乱れないか必ず確認してください。CSSによるフォントファミリー指定の知識がない場合は、フォントを変更しないほうが良いでしょう。

キーボード・ショートカット

オープン操作

PDC

ページ(章)移動の左オフキャンバスオープン

HA

ヘッダー移動モーダルオープン

MS

移動/設定の右オフキャンバスオープン

ヘッダー移動

T

最初のヘッダーへ移動

E

最後のヘッダーへ移動

NJ

次ヘッダー(H2〜H4)へ移動

BK

前ヘッダー(H2〜H4)へ移動

その他

?

このヘルプページ表示
閉じる