Laravel 4.2 コントローラー

基本的なコントローラー

全ルートのロジックをたった一つのroutes.phpファイルで定義するより、コントローラークラスを使い構造化して利用したいと、考えていることでしょう。コントローラーは関連したルートごとのロジックをクラスにまとめると同時に、自動的な依存の注入など、より高度なフレームワークの機能が使える利点があります。

基本的にコントローラーはapp/controllersディレクトリーに設置されます。このディレクトリーはデフォルトでcomposer.jsonファイルにclassmapオプションとして登録されています。しかし、コントローラーは技術的に、どのディレクトリー・サブディレクトリーにも設置可能です。ディスク上のコントローラークラスファイルの位置に、ルートの宣言は依存していません。そのため、Composerがコントローラークラスをオートロードできるのであれば、どこにでもお好きな場所へどうぞ!

コントローラークラスの一例です。

class UserController extends BaseController {

    /**
     * 指定されたユーザーのプロファイルを表示する
     */
    public function showProfile($id)
    {
        $user = User::find($id);

        return View::make('user.profile', array('user' => $user));
    }

}

全てのコントローラーはBaseControllerクラスを拡張する必要があります。BaseControllerapp/controllersディレクトリーの中にあり、共通のコントローラーロジックを記述するために使用できます。BaseControllerはフレームワークのControllerクラスを拡張しています。では、このコントローラールートを呼び出してみましょう。

Route::get('user/{id}', 'UserController@showProfile');

もし、あなたがサブフォルダーでネストし、PHP名前空間で体系付けられたコントローラーを採用しているのなら、簡単に完全なクラス名をルートで使用することができます。

Route::get('foo', 'Namespace\FooController@method');

注目:LaravelではPHPクラスのオートローディングにComposerを利用しています。ですからComposerが認識する場所であれば、ファイルシステム上のどこにでもコントローラーを置くことが可能です。コントローラーディレクトリーは、アプリケーションのファイル構造をあなたに強いるものではありません。コントローラーへのルーティングは、ファイルシステムより完全に分離されています。

コントローラールートに名前を付けることもできます。

Route::get('foo', array('uses' => 'FooController@method',
                                        'as' => 'name'));

コントローラーアクションに対するURLを生成するには、URL::actionメソッドか、actionヘルパメソッドを使用してください。

$url = URL::action('FooController@method');

$url = action('FooController@method');

現在実行中のコントローラーアクションの名前を取得するにはcurrentRouteActionメソッドを使用します。

$action = Route::currentRouteAction();

コントローラーフィルター

コントローラールートに、「普通」のルートと同じようにフィルターを指定することができます。

Route::get('profile', array('before' => 'auth',
            'uses' => 'UserController@showProfile'));

その一方で、コントローラーの内部でフィルターを指定することも可能です。

class UserController extends BaseController {

    /**
     * 新しいUserControllerインスタンスの生成
     */
    public function __construct()
    {
        $this->beforeFilter('auth', array('except' => 'getLogin'));

        $this->beforeFilter('csrf', array('on' => 'post'));

        $this->afterFilter('log', array('only' =>
                            array('fooAction', 'barAction')));
    }

}

更に、無名関数を使用しインラインでコントローラーフィルターを指定することもできます。

class UserController extends BaseController {

    /**
     * 新しいUserControllerインスタンスの生成
     */
    public function __construct()
    {
        $this->beforeFilter(function()
        {
            //
        });
    }

}

フィルターとしてコントローラのメソッドを使用したい場合は、フィルターの定義に@記法を使用してください。

class UserController extends BaseController {

    /**
     * 新しいUserControllerインスタンスの生成
     */
    public function __construct()
    {
        $this->beforeFilter('@filterRequests');
    }

    /**
     * やってきたリクエストをフィルターにかける
     */
    public function filterRequests($route, $request)
    {
        //
    }

}

暗黙的なコントローラー

Laravelでは一つのルート定義だけで、コントローラーの全アクションを簡単に処理できます。最初にRoute::controllerメソッドでルートを定義します。

Route::controller('users', 'UserController');

controllerメソッドは2つの引数を取ります。最初はコントローラーが処理するベースのURIで、2つ目はコントローラーのクラス名です。続いて対応するHTTP動詞名をプレフィックスに使用した、コントローラメソッドを付け加えてください。

class UserController extends BaseController {

    public function getIndex()
    {
        //
    }

    public function postProfile()
    {
        //
    }

    public function anyLogin()
    {
        //
    }

}

indexメソッドはコントローラーが処理するURIのルートに対応します。この例ではusersです。

もしコントローラアクションを複数の単語で命名するのでしたら、「ダッシュ」で分離したURIでアクセスできます。例えば下のコントローラーアクション、UserControllerは、users/admin-profileというURIに対応します。

public function getAdminProfile() {}

RESTフルリソースコントローラー

リソースフルコントローラーはリソースに関するRESTフルコントローラーを簡単にしてくれます。例えば、アプリケーションにより管理されている「写真(phots)」を管理するコントローラーを作成するとしましょう。Artisanコマンドラインでcreate:makeを実行し、Route::resourceメソッドでルートを定義すれば、そのようなコントローラを素早く生成できます。

コマンドラインでコントローラーを作成するには、以下のコマンドを実行してください。

php artisan controller:make PhotoController

そのコントローラーをリソースフルなルートとして登録しましょう。

Route::resource('photo', 'PhotoController');

この一行の宣言だけで写真リソースに対するRESTフルな多彩のアクションを処理する複数のルートを作成できます。更に、生成されたコントローラーには処理する変数とURIが指し示す各アクションのスタブメソッドが予め含まれています。

リソースフルコントローラーにより処理されるアクション

変数 パス アクション Route Name
GET /リソース名 index resource.index
GET /リソース名/create create resource.create
POST /リソース名 store resource.store
GET /リソース名/{resource} show resource.show
GET /リソース名/{resource}/edit edit resource.edit
PUT/PATCH /リソース名/{resource} update resource.update
DELETE /リソース名/{resource} destroy resource.destroy

リソースアクションの一部のみを取り扱いたい場合もあると思います。

php artisan controller:make PhotoController --only=index,show

php artisan controller:make PhotoController --except=index

更に、処理するルートに関して、アクションの一部を指定したいこともあるでしょう。

Route::resource('photo', 'PhotoController',
                array('only' => array('index', 'show')));

Route::resource('photo', 'PhotoController',
                array('except' => array('create', 'store', 'update', 'destroy')));

デフォルトで、すべてのリソースコントローラーアクションはルート名を持ちます。しかしオプションにnames配列を渡すことで、こうした名前をオーバーライドすることもできます。

Route::resource('photo', 'PhotoController',
                array('names' => array('create' => 'photo.build')));

ネストしたリソースコントローラーの処理

「ネスト」したリソースコントローラーには、ルート宣言で「ドット」記法を使用してください。

Route::resource('photos.comments', 'PhotoCommentController');

これにより、「ネスト」したリソースが登録され、photos/{photoResource}/comments/{commentResource}のURLにアクセスできるようになります。

class PhotoCommentController extends BaseController {

    public function show($photoId, $commentId)
    {
        //
    }

}

リソースコントローラーにルートを追加する

デフォルトのリソースルート以外のルートをリソースコントローラーへ追加する必要がある場合は、Route::resourceの呼び出しより前に定義する必要があります。

Route::get('photos/popular', 'PhotoController@method');
Route::resource('photos', 'PhotoController');

見つからないメソッドの処理

Route::controllerを使用する場合、指定されたコントローラで一致するメソッドが見つからないときに呼び出されるバックアップメソッドを定義することが可能です。メソッド名はmissingMethodと付け、メソッド名とリクエストのパラメーターを配列で受け取ります。

バックアップメソッドを定義する

public function missingMethod($parameters = array())
{
    //
}

リソースコントローラーを使用する場合は、見つからないメソッドを処理するため、コントローラーに__callマジックメソッドを定義します。

ドキュメント章別ページ

Artisan CLI

ヘッダー項目移動

注目:アイコン:ページ内リンク設置(リンクがないヘッダーへの移動では、リンクがある以前のヘッダーのハッシュをURLへ付加します。

移動

クリックで即時移動します。

バージョン

設定

適用ボタンクリック後に、全項目まとめて適用されます。

カラーテーマ
和文指定 Pagination
和文指定 Scaffold
Largeスクリーン表示幅
インデント
本文フォント
コードフォント
フォント適用確認

フォントの指定フィールドから、フォーカスが外れると、当ブロックの内容に反映されます。EnglishのDisplayもPreviewしてください。

フォント設定時、表示に不具合が出た場合、当サイトのクッキーを削除してください。

バックスラッシュを含むインライン\Code\Blockの例です。

以下はコードブロックの例です。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * ユーザに関連する電話レコードを取得
     */
    public function phone()
    {
        return $this->hasOne('App\Phone');
    }
}

設定を保存する前に、表示が乱れないか必ず確認してください。CSSによるフォントファミリー指定の知識がない場合は、フォントを変更しないほうが良いでしょう。

キーボード・ショートカット

オープン操作

PDC

ページ(章)移動の左オフキャンバスオープン

HA

ヘッダー移動モーダルオープン

MS

移動/設定の右オフキャンバスオープン

ヘッダー移動

T

最初のヘッダーへ移動

E

最後のヘッダーへ移動

NJ

次ヘッダー(H2〜H4)へ移動

BK

前ヘッダー(H2〜H4)へ移動

その他

?

このヘルプページ表示
閉じる