Laravel 4.2 インストール

コンポーサーのインストール

Laravelはパッケージの依存管理にComposerを活用しています。最初に composer.pharをダウンロードします。PHARアーカイブをダウンロードしたら、ローカルのプロジェクトディレクトリーに設置することもできますし、usr/local/binに設置しシステムグローバルで使用することもできます。Windowsをご使用ならば、Windowsインストーラーを使用してください。

Laravelのインストール

Laravelインストーラーによるインストール

最初にComposerを使用し、Laravelインストーラーをダウンロードします。

composer global require "laravel/installer=~1.1"

laravelコマンドが端末で実行できるように、~/.composer/vendor/binディレクトリーへPATHを通してください。

インストールが完了したら、後はただlaravel newコマンドで、指定したディレクトリーに真新しいLaravelプロジェクトが作成されます。例えば、laravel new blogと打ち込めば、blogというディレクトリーに、必要なパッケージが全部揃って、Laravelがインストールされます。このインストール方法は、Composerを使うよりも多少早いです。

Composer Create-Projectによるインストール

また、ターミナルでコンポーサーのcreate-projectコマンドを実行して、Laravelをインストールすることもできます。

composer create-project laravel/laravel {directory} 4.2 --prefer-dist

ダウンロードによるインストール

Composerをインストールしたら、GitHubのLaravelリポジトリーから、自分でダウンロードしてください。ダウンロードし終えたら、手動で作成したディレクトリーのルートで、composer installコマンドを実行してください。このコマンドによりフレームワークに必要な依存パッケージがインストールされます。インストールを終了するためには、Gitがサーバーにインストールされている必要があります。

Laravelフレームワークをアップデートしたい場合は、php composer.phar update commandを実行してください。

サーバー要件

Laravelフレームワークには、多少のシステム動作要件があります。

いくつかのOSでは、PHP 5.5を使用する場合、PHP JSON拡張をインストールする必要があります。Ubuntuを使用する場合、apt-get install php5-jsonでインストールされます。

設定

Laravelをインストールし終えたら、最初に行うべきなのは、ランダム文字列をアプリケーションキーへ設定することです。Composerを利用してLaravelをインストールした場合、key:generateコマンドが自動的に実行され、既に設定済みになっていることでしょう。通常、これは32文字の文字列です。値はapp.php設定ファイルで指定します。アプリケーションキーを設定しないと、セッションや他の暗号化が必要な情報は、安全ではありません。

Laravelのその他の設定は、最初から行う必要がありません。ここで開発を開始しても良いのです!しかし、app/config/app.phpファイルと、その中の記述を確認しておいたほうが良いでしょう。アプリケーションに応じ、変更したいtimezonelocalのような多くのオプションが含まれています。

Laravelのインストールを終えたら、ローカル環境の設定も行ってください。これにより、ローカルマシーン上で開発している時に、詳細なエラーメッセージを受け取ることができるようになります。デフォルトでは、実機環境向けの設定ファイルのために、詳細なエラー表示は、抑制されています。

注意:実働のアプリケーションでは、app.debugtrueに設定してはいけません。決して、行わないでください。

パーミッション

Laravelではひとつだけパーミッションの設定が必要です。app/storageにあるフォルダー全部に対し、Webサーバーによる書き込みアクセスができるように設定して下さい。

パス

フレームワークで利用するディレクトリーパスの多くは、設定可能です。こうしたディレクトリーの場所を変更する場合は、bootstrap/paths.phpファイルを調べてください。

きれいなURL

Apache

index.phpをURLへ付けなくても利用できるようにするため、public/.htaccessファイルが最初からフレームワークへ含まれています。Apacheを利用し、Laravelアプリケーションを動かす場合、mod_rewriteモジュールを確実に有効にしてください。

Laravelに付属している、.htaccessファイルが、皆さんのApache環境で動作しない場合は、以下の設定を試してください。

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine On

RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteRule ^ index.php [L]

Nginx

Nginxでは、サイト設定に以下のディレクティブを使用すれば、「きれい」なURLを使えます。

location / {
    try_files $uri $uri/ /index.php?$query_string;
}

ドキュメント章別ページ

Artisan CLI

ヘッダー項目移動

注目:アイコン:ページ内リンク設置(リンクがないヘッダーへの移動では、リンクがある以前のヘッダーのハッシュをURLへ付加します。

移動

クリックで即時移動します。

バージョン

設定

適用ボタンクリック後に、全項目まとめて適用されます。

カラーテーマ
和文指定 Pagination
和文指定 Scaffold
Largeスクリーン表示幅
インデント
本文フォント
コードフォント
フォント適用確認

フォントの指定フィールドから、フォーカスが外れると、当ブロックの内容に反映されます。EnglishのDisplayもPreviewしてください。

フォント設定時、表示に不具合が出た場合、当サイトのクッキーを削除してください。

バックスラッシュを含むインライン\Code\Blockの例です。

以下はコードブロックの例です。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * ユーザに関連する電話レコードを取得
     */
    public function phone()
    {
        return $this->hasOne('App\Phone');
    }
}

設定を保存する前に、表示が乱れないか必ず確認してください。CSSによるフォントファミリー指定の知識がない場合は、フォントを変更しないほうが良いでしょう。

キーボード・ショートカット

オープン操作

PDC

ページ(章)移動の左オフキャンバスオープン

HA

ヘッダー移動モーダルオープン

MS

移動/設定の右オフキャンバスオープン

ヘッダー移動

T

最初のヘッダーへ移動

E

最後のヘッダーへ移動

NJ

次ヘッダー(H2〜H4)へ移動

BK

前ヘッダー(H2〜H4)へ移動

その他

?

このヘルプページ表示
閉じる