Laravel 4.2 ヘルパ関数

配列

array_add

指定されたキー/値のペアをそのキーが存在していない場合、配列に追加します。

$array = array('foo' => 'bar');

$array = array_add($array, 'key', 'value');

array_divide

array_divide関数は2つの配列をリターンします。一つはオリジナル配列のキー、もう一方は値です。

$array = array('foo' => 'bar');

list($keys, $values) = array_divide($array);

array_dot

array_dot関数は多次元配列をドット記法で深さを表した一次元配列に変換します。

$array = array('foo' => array('bar' => 'baz'));

$array = array_dot($array);

// array('foo.bar' => 'baz');

array_except

array_exceptメソッドは指定されたキーのアイテムを配列から削除した値を返します。

$array = array_except($array, array('keys', 'to', 'remove'));

array_fetch

array_fetchメソッドは選択したネスト要素で構成された配列を一次元化して返します。

$array = array(
    array('developer' => array('name' => 'Taylor')),
    array('developer' => array('name' => 'Dayle')),
);

$array = array_fetch($array, 'developer.name');

// array('Taylor', 'Dayle');

array_first

array_firstメソッドはテストで真を返した配列中の最初の要素を返します。

$array = array(100, 200, 300);

$value = array_first($array, function($key, $value)
{
    return $value >= 150;
});

デフォルト値を3つ目の引数で指定することもできます。

$value = array_first($array, $callback, $default);

array_last

array_lastメソッドは指定された条件にtrueを返す、配列の最後の要素をリターンします。

$array = array(350, 400, 500, 300, 200, 100);

$value = array_last($array, function($key, $value)
{
    return $value > 350;
});

// 500

デフォルト値を3つ目の引数で指定することもできます。

$value = array_last($array, $callback, $default);

array_flatten

array_flattenメソッドは、多次元配列を一次元配列へ変換します。

$array = array('name' => 'Joe', 'languages' => array('PHP', 'Ruby'));

$array = array_flatten($array);

// array('Joe', 'PHP', 'Ruby');

array_forget

array_forgetメソッドはドット記法で指定されたキーと値のペアを深くネストされた配列から取り除きます。

$array = array('names' => array('joe' => array('programmer')));

array_forget($array, 'names.joe');

array_get

array_getメソッドは指定された値をドット記法で指定された値を深くネストされた配列から取得します。

$array = array('names' => array('joe' => array('programmer')));

$value = array_get($array, 'names.joe');

$value = array_get($array, 'names.john', 'default');

注目: array_getと同じことを代わりにオブジェクトで行いたいのですか?それなら、object_getを使ってください。

array_only

array_onlyメソッドは配列中の指定されたキーのアイテムのみをリターンします。

$array = array('name' => 'Joe', 'age' => 27, 'votes' => 1);

$array = array_only($array, array('name', 'votes'));

array_pluck

array_pluckメソッドは配列から指定されたキーのリストを取得します。

$array = array(array('name' => 'Taylor'), array('name' => 'Dayle'));

$array = array_pluck($array, 'name');

// array('Taylor', 'Dayle');

array_pull

array_pullメソッドは配列から指定されたキー/値ペアを取得し、同時に削除します。

$array = array('name' => 'Taylor', 'age' => 27);

$name = array_pull($array, 'name');

array_set

array_setメソッドはドット記法を使用し、深くネストした配列に値をセットします。。

$array = array('names' => array('programmer' => 'Joe'));

array_set($array, 'names.editor', 'Taylor');

array_sort

array_sortメソッドは指定されたクロージャーの実行結果に基づき、配列をソートします。

$array = array(
    array('name' => 'Jill'),
    array('name' => 'Barry'),
);

$array = array_values(array_sort($array, function($value)
{
    return $value['name'];
}));

array_where

指定されたクロージャーで、配列をフィルタリングします。

$array = array(100, '200', 300, '400', 500);

$array = array_where($array, function($key, $value)
{
    return is_string($value);
});

// Array ( [1] => 200 [3] => 400 )

head

配列の最初の要素を返します。PHP5.3.xでメソッドチェーン時に便利です。

$first = head($this->returnsArray('foo'));

last

配列の最後の要素を返します。メソッドチェーン時に便利です。

$last = last($this->returnsArray('foo'));

パス

app_path

appディレクトリーへの完全パスを取得します。

$path = app_path();

base_path

アプリケーションをインストールしたルート(一番上)への完全パスを取得します。

public_path

publicディレクトリーへの完全パスを取得します。

storage_path

app/storageディレクトリーへの完全パスを取得します。

文字列

camel_case

文字列をキャメルケース(2つ目以降の単語の先頭は大文字)へ変換します。

$camel = camel_case('foo_bar');

// fooBar

class_basename

指定されたクラス名から名前空間を除いた、クラス名だけを取得します。

$class = class_basename('Foo\Bar\Baz');

// Baz

e

指定された文字列にhtmlentitesを実行します。UTF-8サポートです。

$entities = e('<html>foo</html>');

ends_with

最初の文字列が、2つ目の引数の文字列で終わっているか調べます。

$value = ends_with('This is my name', 'name');

snake_case

文字列をスネークケース(小文字名下線区切り)に変換します。

$snake = snake_case('fooBar');

// foo_bar

str_limit

文字列を文字数へ短くします。

str_limit($value, $limit = 100, $end = '...')

例:

$value = str_limit('The PHP framework for web artisans.', 7);

// The PHP...

starts_with

指定された文字列が、2番めの文字列で始まっているか調べます。

$value = starts_with('This is my name', 'This');

str_contains

指定された文字列が、2つ目の文字列を含んでいるか調べます。

$value = str_contains('This is my name', 'my');

str_finish

指定された文字列の最後に2つ目の文字列を一つだけ付けます。重複している場合も1つだけ付けた文字列にします。

$string = str_finish('this/string', '/');

// this/string/

str_is

指定された文字列がパターンに一致しているかを判定します。アスタリスクが使用されるとワイルドカードとして利用されます。

$value = str_is('foo*', 'foobar');

str_plural

文字列を複数形にします。(英語のみ)

$plural = str_plural('car');

str_random

指定された長さのランダムな文字列を生成します。

$string = str_random(40);

str_singular

文字列を単数形にします。(英語のみ)

$singular = str_singular('cars');

studly_case

文字列をアッパーキャメルケース(単語の頭文字を大文字)に変換します。

$value = studly_case('foo_bar');

// FooBar

trans

指定された言語行を翻訳します。Lang::getのエイリアスです。

$value = trans('validation.required'):

trans_choice

指定された言語行を数値をもとに翻訳します。Lang::choiceのエイリアスです。

$value = trans_choice('foo.bar', $count);

URL

action

指定されたコントローラーアクションへのURLを生成します。

$url = action('HomeController@getIndex', $params);

route

指定された名前付きルートへのURLを生成します。

$url = route('routeName', $params);

asset

アセット(publicディレクトリー中のファイル)へのURLを生成します。

$url = asset('img/photo.jpg');

link_to

指定されたURLへのHTMLリンクを生成します。

echo link_to('foo/bar', $title, $attributes = array(), $secure = null);

link_to_asset

指定されたアセットへのHTMLリンクを生成します。

echo link_to_asset('foo/bar.zip', $title, $attributes = array(), $secure = null);

link_to_route

指定されたルートへのHTMLリンクを生成します。

echo link_to_route('route.name', $title, $parameters = array(), $attributes = array());

link_to_action

指定されたコントローラーアクションへのHTMLリンクを生成します。

echo link_to_action('HomeController@getIndex', $title, $parameters = array(), $attributes = array());

secure_asset

指定されたアセットへHTTPSを使用したHTMLリンクを生成します。

echo secure_asset('foo/bar.zip', $title, $attributes = array());

secure_url

指定されたパスへHTTPSを使用した完全なURLを生成します。

echo secure_url('foo/bar', $parameters = array());

url

指定されたパスへの完全なURLを生成します。

echo url('foo/bar', $parameters = array(), $secure = null);

その他

csrf_token

現在のCSRFトークンの値を取得します。

$token = csrf_token();

dd

指定された変数の内容を表示し、スクリプトの実行を停止します。

dd($value);

value

指定された値がクロージャーであれば、そのクロージャー内からリターンされた値を返します。そうでない場合は、値を返します。

$value = value(function() { return 'bar'; });

with

指定されたオブジェクトをリターンします。PHP 5.3.xでメソッドチェーンのコンストラクターとして便利です。

$value = with(new Foo)->doWork();

ドキュメント章別ページ

Artisan CLI

ヘッダー項目移動

注目:アイコン:ページ内リンク設置(リンクがないヘッダーへの移動では、リンクがある以前のヘッダーのハッシュをURLへ付加します。

移動

クリックで即時移動します。

バージョン

設定

適用ボタンクリック後に、全項目まとめて適用されます。

カラーテーマ
和文指定 Pagination
和文指定 Scaffold
Largeスクリーン表示幅
インデント
本文フォント
コードフォント
フォント適用確認

フォントの指定フィールドから、フォーカスが外れると、当ブロックの内容に反映されます。EnglishのDisplayもPreviewしてください。

フォント設定時、表示に不具合が出た場合、当サイトのクッキーを削除してください。

バックスラッシュを含むインライン\Code\Blockの例です。

以下はコードブロックの例です。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * ユーザに関連する電話レコードを取得
     */
    public function phone()
    {
        return $this->hasOne('App\Phone');
    }
}

設定を保存する前に、表示が乱れないか必ず確認してください。CSSによるフォントファミリー指定の知識がない場合は、フォントを変更しないほうが良いでしょう。

キーボード・ショートカット

オープン操作

PDC

ページ(章)移動の左オフキャンバスオープン

HA

ヘッダー移動モーダルオープン

MS

移動/設定の右オフキャンバスオープン

ヘッダー移動

T

最初のヘッダーへ移動

E

最後のヘッダーへ移動

NJ

次ヘッダー(H2〜H4)へ移動

BK

前ヘッダー(H2〜H4)へ移動

その他

?

このヘルプページ表示
閉じる