Laravel 5.dev ファイルシステム/クラウドストレージ

イントロダクション

LaravelはFrank de Jongeが作成した、ありがたく素晴らしい抽象ファイルシステムであるFlysystem PHPパッケージを提供しています。LaravelとFlysystemの統合により、ローカルのファイルシステム、Amazon S3、Rackspaceクラウドストレージを操作する、シンプルなドライバーを提供しています。更に良いことに、それぞれのシステムに対し同じAPIを使用しているため、これらのストレージの選択肢を素晴らしく簡単に変更できるのです!

設定

ファイルシステムの設定ファイルは、config/filesystems.phpです。このファイルの中に全「ディスク」の設定があります。それぞれのディスクは、特定のストレージドライバーと保存場所を表します。設定ファイルには、サーポート済みのドライバーそれぞれの設定例を用意しています。ですから、ストレージの設定と認証情報を反映するように、設定オプションを簡単に修正できます!

S3とRackspaceドライバーを使用する場合は、それに適合するパッケージをComposerでインストールする必要があります。

もちろん、好きなだけディスクを設定できますし、同じドライバーに対し複数のディスクを持つことも可能です。

localドライバーを使用する場合、設定ファイルで定義されている、rootディレクトリーからの相対位置として、全ファイルは操作されます。デフォルトでは、この値はstorage/appディレクトリーになっています。ですから、次のコードはstorage/app/file.txtへファイルを保存します。

Storage::disk('local')->put('file.txt', 'Contents');

基本的な使用法

Storageファサードを使い、設定済みのディスクへの操作ができます。IoCコンテナにより依存解決が行われるクラスで、Illuminate\Contracts\Filesystem\Factory契約をタイプヒントで指定することもできます。

特定のディスクの取得

$disk = Storage::disk('s3');

$disk = Storage::disk('local');

デフォルトディスクのメソッド呼び出し

$exists = Storage::disk('s3')->exists('file.jpg');

ファイルの存在判定

if (Storage::exists('file.jpg'))
{
    //
}

ファイルの内容の取得

$contents = Storage::get('file.jpg');

ファイルへ内容を保存

Storage::put('file.jpg', $contents);

ファイルの先頭に追加

Storage::prepend('file.log', 'Prepended Text');

ファイルの最後に追加

Storage::append('file.log', 'Appended Text');

ファイル削除

Storage::delete('file.jpg');

Storage::delete(['file1.jpg', 'file2.jpg']);

ファイルを新しい場所へコピー

Storage::copy('old/file1.jpg', 'new/file1.jpg');

ファイルを新しい場所へ移動

Storage::move('old/file1.jpg', 'new/file1.jpg');

ファイルサイズの取得

$size = Storage::size('file1.jpg');

最後の修正時間の取得(Unix)

$time = Storage::lastModified('file1.jpg');

ディレクトリー中の全ファイル取得

$files = Storage::files($directory);

// 再帰的…
$files = Storage::allFiles($directory);

ディレクトリー中の全ディレクトリー取得

$directories = Storage::directories($directory);

// Recursive...
$directories = Storage::allDirectories($directory);

ディレクトリー作成

Storage::makeDirectory($directory);

ディレクトリー削除

Storage::deleteDirectory($directory);

ドキュメント章別ページ

Artisan CLI

ヘッダー項目移動

注目:アイコン:ページ内リンク設置(リンクがないヘッダーへの移動では、リンクがある以前のヘッダーのハッシュをURLへ付加します。

移動

クリックで即時移動します。

バージョン

設定

適用ボタンクリック後に、全項目まとめて適用されます。

カラーテーマ
和文指定 Pagination
和文指定 Scaffold
Largeスクリーン表示幅
インデント
本文フォント
コードフォント
フォント適用確認

フォントの指定フィールドから、フォーカスが外れると、当ブロックの内容に反映されます。EnglishのDisplayもPreviewしてください。

フォント設定時、表示に不具合が出た場合、当サイトのクッキーを削除してください。

バックスラッシュを含むインライン\Code\Blockの例です。

以下はコードブロックの例です。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * ユーザに関連する電話レコードを取得
     */
    public function phone()
    {
        return $this->hasOne('App\Phone');
    }
}

設定を保存する前に、表示が乱れないか必ず確認してください。CSSによるフォントファミリー指定の知識がない場合は、フォントを変更しないほうが良いでしょう。

キーボード・ショートカット

オープン操作

PDC

ページ(章)移動の左オフキャンバスオープン

HA

ヘッダー移動モーダルオープン

MS

移動/設定の右オフキャンバスオープン

ヘッダー移動

T

最初のヘッダーへ移動

E

最後のヘッダーへ移動

NJ

次ヘッダー(H2〜H4)へ移動

BK

前ヘッダー(H2〜H4)へ移動

その他

?

このヘルプページ表示
閉じる