Laravel 5.dev コレクション

イントロダクション

Illuminate\Support\Collectionクラスは、配列データを操作するための、書きやすく使いやすいラッパーです。以下の例をご覧ください。配列から、新しいコレクションインスタンスを作成するために、collectヘルパを使用しています。

$collection = collect(['taylor', 'abigail', null])->map(function($name)
{
    return strtoupper($name);
})
->reject(function($name)
{
    return is_null($value);
});

ご覧の通り、Collectionクラスは、裏にある配列をマップし要素削除するメソッドをチェーンでスムーズにつなげてくれます。つまり、全てのCollectionメソッドは、新しいCollectionインスタンスを返します。より掘り下げますので、続けて読み進めてください!

基本的な使用法

コレクションの生成

上記の通り、collectヘルパは指定された配列を元に、新しいIlluminate\Support\Collectionインスタンスを返します。また、Collectionクラスのmakeメソッドを使うこともできます。

$collection = collect([1, 2, 3]);

$collection = Collection::make([1, 2, 3]);

もちろん、Eloquentオブジェクトのコレクションは、いつもCollectionインスタンスを返します。しかし、アプリケーションで便利に使えるなら、どこででもCollectionクラスを自由に使ってください。

コレクションの詳細

コレクションで使用できるメソッド全部(たくさんあります)をここではリストしません。代わりに、クラスのAPIドキュメントをご覧ください。

ドキュメント章別ページ

Artisan CLI

ヘッダー項目移動

注目:アイコン:ページ内リンク設置(リンクがないヘッダーへの移動では、リンクがある以前のヘッダーのハッシュをURLへ付加します。

移動

クリックで即時移動します。

バージョン

設定

適用ボタンクリック後に、全項目まとめて適用されます。

カラーテーマ
和文指定 Pagination
和文指定 Scaffold
Largeスクリーン表示幅
インデント
本文フォント
コードフォント
フォント適用確認

フォントの指定フィールドから、フォーカスが外れると、当ブロックの内容に反映されます。EnglishのDisplayもPreviewしてください。

フォント設定時、表示に不具合が出た場合、当サイトのクッキーを削除してください。

バックスラッシュを含むインライン\Code\Blockの例です。

以下はコードブロックの例です。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * ユーザに関連する電話レコードを取得
     */
    public function phone()
    {
        return $this->hasOne('App\Phone');
    }
}

設定を保存する前に、表示が乱れないか必ず確認してください。CSSによるフォントファミリー指定の知識がない場合は、フォントを変更しないほうが良いでしょう。

キーボード・ショートカット

オープン操作

PDC

ページ(章)移動の左オフキャンバスオープン

HA

ヘッダー移動モーダルオープン

MS

移動/設定の右オフキャンバスオープン

ヘッダー移動

T

最初のヘッダーへ移動

E

最後のヘッダーへ移動

NJ

次ヘッダー(H2〜H4)へ移動

BK

前ヘッダー(H2〜H4)へ移動

その他

?

このヘルプページ表示
閉じる