インストール

サーバ要件

Laravelフレームワークを動作させるには多少のシステム要件があります。もちろん、Laravel Homestead仮想マシンでは、要求が全て満たされています。ですから、Laravelのローカル開発環境としてHomesteadを活用されることを強くおすすめします。

しかし、Homesteadを使用しない場合は、以下の要件を満たす必要があります。

PHP >= 5.5.9 PDO PHP拡張 Tokenizer PHP拡張
OpenSSL PHP拡張 Mbstring PHP拡張  

Laravelのインストール

LaravelはComposerを依存パッケージの管理に使用しています。ですから、Laravelを始める前に、自分の開発機にComposerを確実にインストールしておいてください。

Laravelインストーラー

最初にComposerを使用し、Laravelインストーラーをダウンロードします。

composer global require "laravel/installer"

laravelコマンドが端末で実行できるように、~/.composer/vendor/binディレクトリ(もしくは、使用しているOSの同等のディレクトリ)へ実行PATHを通してください。

インストールが完了したら、あとはlaravel newコマンドを実行するだけで、指定したディレクトリに真新しいLaravelプロジェクトが作成されます。たとえば、laravel new blogと打ち込めば、blogというディレクトリに、必要な依存パッケージと一緒に、Laravelがインストールされます。このインストール方法はComposerを使うよりも多少早いです。

laravel new blog

Composer Create-Project

もしくは、ターミナルでComposerのcreate-projectコマンドを実行して、Laravelをインストールすることもできます。

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel blog

設定

インストールし終えたら、アプリケーションのドキュメント/Webルートをpublicディレクトリになるように設定してください。

フレームワークで使用する設定ファイルは全てconfigディレクトリ下に設置されます。それぞれのオプションはコメントされていますので、使用可能なオプションについて理解するために、ファイル全体に目を通しておくのが良いでしょう。

ディレクトリパーミッション

Laravelをインストールした後に、多少のパーミッションの設定が必要です。storage下とbootstrap/cacheディレクトリーをWebサーバーから書き込み可能にしてください。そうしないとLaravelは実行されないでしょう。Homestead仮想マシンを使用する場合は、あらかじめ設定されています。

アプリケーションキー

次にインストール後に行うべきなのは、アプリケーションキーにランダムな文字列を設定することです。ComposerかLaravelインストーラを使ってインストールしていれば、php artisan key:generateコマンドにより既に設定済みです。通常、この文字列は32文字にすべきです。キーは.env環境ファイルに設定されます。もし、.env.exampleファイルをまだ.envにリネームしていなければ、今すぐ行ってください。アプリケーションキーが設定されていなければ、ユーザーセッションや他の暗号化済みデーターは安全ではありません!

その他の設定

Laravelのその他の設定は、最初に指定する必要がありません。すぐに開発を開始しても大丈夫です! しかし、config/app.phpファイルと、その中の記述を確認しておいたほうが良いでしょう。アプリケーションに合わせ変更したい、timezonelocalのような多くのオプションが含まれています。

以下のようなLaravelのコンポーネントについても、設定しておいたほうが良いでしょう。

Laravelをインストールし終えたら、ローカル環境の設定も済ませてください。