Laravel 5.1 コレクション

イントロダクション

Illuminate\Support\Collectionクラスは配列データを操作するための、書きやすく使いやすいラッパーです。以下の例をご覧ください。配列から新しいコレクションインスタンスを作成するためにcollectヘルパを使用し、各要素に対しstrtoupperを実行し、それから空の要素を削除しています。

$collection = collect(['taylor', 'abigail', null])->map(function ($name) {
    return strtoupper($name);
})
->reject(function ($name) {
    return empty($name);
});

ご覧の通り、Collectionクラスは裏にある配列をマップ操作してから要素削除するメソッドをチェーンでスムーズにつなげてくれます。つまり、全てのCollectionメソッドは新しいCollectionインスタンスを返します。

コレクション生成

上記の通りcollectヘルパは指定された配列を元に、新しいIlluminate\Support\Collectionインスタンスを返します。ですからコレクションの生成も同様にシンプルです。

$collection = collect([1, 2, 3]);

デフォルトでEloquentオブジェクトのコレクションは、いつもCollectionインスタンスを返します。しかしアプリケーションで便利に使えるなら、どこででも自由にCollectionクラスを利用してください。

利用可能なメソッド

このドキュメントの残りでCollectionクラスで使用できる各メソッドを解説します。これらのメソッドは全て裏の配列をスラスラと操作するためにチェーンで繋げられることを覚えておきましょう。さらにほとんどのメソッドは新しいCollectionインスタンスを返しますので、必要であれば保存してあるコレクションのオリジナルコピーを利用できます。

以下のテーブルのメソッドをどれでも選べば、サンプルコードが確認できます。

メソッド一覧

all()

allメソッドはコレクションが表す裏の配列をシンプルに返します。

collect([1, 2, 3])->all();

// [1, 2, 3]

avg()

avgメソッドはコレクションの全アイテムの平均値を返します。

collect([1, 2, 3, 4, 5])->avg();

// 3

コレクションに入れ子の配列やオブジェクトが含まれている場合、どの値の平均を計算するのかを決めるためにキーを指定する必要があります。

$collection = collect([
    ['name' => 'JavaScript: The Good Parts', 'pages' => 176],
    ['name' => 'JavaScript: The Definitive Guide', 'pages' => 1096],
]);

$collection->avg('pages');

// 636

chunk()

chunkメソッドはコレクションを指定したサイズで複数の小さなコレクションに分割します。

$collection = collect([1, 2, 3, 4, 5, 6, 7]);

$chunks = $collection->chunk(4);

$chunks->toArray();

// [[1, 2, 3, 4], [5, 6, 7]]

このメソッドは特にBootstrapのようなグリッドシステムをビューで操作する場合に便利です。Eloquentモデルのコレクションがあり、グリッドで表示しようとしているところを想像してください。

@foreach ($products->chunk(3) as $chunk)
    <div class="row">
        @foreach ($chunk as $product)
            <div class="col-xs-4">{{ $product->name }}</div>
        @endforeach
    </div>
@endforeach

collapse()

collapseメソッドは配列のコレクションをフラットなコレクションに展開します。

$collection = collect([[1, 2, 3], [4, 5, 6], [7, 8, 9]]);

$collapsed = $collection->collapse();

$collapsed->all();

// [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]

contains()

containsメソッドは指定したアイテムがコレクションに含まれているかどうかを判定します。

$collection = collect(['name' => 'Desk', 'price' => 100]);

$collection->contains('Desk');

// true

$collection->contains('New York');

// false

さらにcontainsメソッドにはキー/値ペアを指定することもでき、コレクション中に指定したペアが存在するかを確認できます。

$collection = collect([
    ['product' => 'Desk', 'price' => 200],
    ['product' => 'Chair', 'price' => 100],
]);

$collection->contains('product', 'Bookcase');

// false

最後に、containsメソッドにはコールバックを渡すこともでき、独自のテストを行えます。

$collection = collect([1, 2, 3, 4, 5]);

$collection->contains(function ($key, $value) {
    return $value > 5;
});

// false

count()

countメソッドはコレクションのアイテム数を返します。

$collection = collect([1, 2, 3, 4]);

$collection->count();

// 4

diff()

diffメソッドはコレクションを他のコレクションか、通常のPHP「配列」と比較します。

$collection = collect([1, 2, 3, 4, 5]);

$diff = $collection->diff([2, 4, 6, 8]);

$diff->all();

// [1, 3, 5]

each()

eachメソッドはコレクションのアイテムを繰り返しで処理し、指定したコールバックに各アイテムを渡します。

$collection = $collection->each(function ($item, $key) {
    //
});

コールバックからfalseを返せばループから抜けます。

$collection = $collection->each(function ($item, $key) {
    if (/* 何かの条件 */) {
        return false;
    }
});

every()

everyメソッドはn個ごとの要素で構成された新しいコレクションを作成します。

$collection = collect(['a', 'b', 'c', 'd', 'e', 'f']);

$collection->every(4);

// ['a', 'e']

オプションとして第2引数にオフセットを渡せます。

$collection->every(4, 1);

// ['b', 'f']

except()

exceptメソッドは、キーにより指定したアイテム以外の全コレクション要素を返します。

$collection = collect(['product_id' => 1, 'name' => 'Desk', 'price' => 100, 'discount' => false]);

$filtered = $collection->except(['price', 'discount']);

$filtered->all();

// ['product_id' => 1, 'name' => 'Desk']

exceptの正反対の機能は、onlyメソッドです。

filter()

filterメソッドは指定したコールバックでコレクションをフィルタリングします。テストでtrueを返したアイテムだけが残ります。

$collection = collect([1, 2, 3, 4]);

$filtered = $collection->filter(function ($item) {
    return $item > 2;
});

$filtered->all();

// [3, 4]

filterの逆の動作は、rejectメソッドを見てください。

first()

firstメソッドは指定された真偽テストをパスしたコレクションの最初の要素を返します。

collect([1, 2, 3, 4])->first(function ($key, $value) {
    return $value > 2;
});

// 3

firstメソッドに引数を付けなければ、コレクションの最初の要素を取得できます。コレクションが空ならnullが返ります。

collect([1, 2, 3, 4])->first();

// 1

flatten()

flattenメソッドは多次元コレクションを一次元化します。

$collection = collect(['name' => 'taylor', 'languages' => ['php', 'javascript']]);

$flattened = $collection->flatten();

$flattened->all();

// ['taylor', 'php', 'javascript'];

flip()

flipメソッドはコレクションのキーと対応する値を入れ替えます。

$collection = collect(['name' => 'taylor', 'framework' => 'laravel']);

$flipped = $collection->flip();

$flipped->all();

// ['taylor' => 'name', 'laravel' => 'framework']

forget()

forgetメソッドはキーによりコレクションのアイテムを削除します。

$collection = collect(['name' => 'taylor', 'framework' => 'laravel']);

$collection->forget('name');

$collection->all();

// [framework' => 'laravel']

注意: 他のコレクションメソッドとは異なり、forgetは更新された新しいコレクションを返しません。呼び出しもとのコレクションを更新します。

forPage()

forPageメソッドは指定されたページを表すアイテムで構成された新しいコレクションを返します。

$collection = collect([1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]);

$chunk = $collection->forPage(2, 3);

$chunk->all();

// [4, 5, 6]

このメソッドではページ番号と、それぞれのページで表示するアイテム数を引数として指定します。

get()

getメソッドは指定されたキーのアイテムを返します。キーが存在していない場合はnullを返します。

$collection = collect(['name' => 'taylor', 'framework' => 'laravel']);

$value = $collection->get('name');

// taylor

オプションとして第2引数にデフォルト値を指定することもできます。

$collection = collect(['name' => 'taylor', 'framework' => 'laravel']);

$value = $collection->get('foo', 'default-value');

// default-value

デフォルト値にコールバックを渡すこともできます。指定したキーが存在していなかった場合、コールバックの結果が返されます。

$collection->get('email', function () {
    return 'default-value';
});

// default-value

groupBy()

groupByメソッドは指定したキーによりコレクションのアイテムをグループにまとめます。

$collection = collect([
    ['account_id' => 'account-x10', 'product' => 'Chair'],
    ['account_id' => 'account-x10', 'product' => 'Bookcase'],
    ['account_id' => 'account-x11', 'product' => 'Desk'],
]);

$grouped = $collection->groupBy('account_id');

$grouped->toArray();

/*
    [
        'account-x10' => [
            ['account_id' => 'account-x10', 'product' => 'Chair'],
            ['account_id' => 'account-x10', 'product' => 'Bookcase'],
        ],
        'account-x11' => [
            ['account_id' => 'account-x11', 'product' => 'Desk'],
        ],
    ]
*/

文字列でkeyを指定することに加え、コールバックを渡すこともできます。コール―バックはグループとしてまとめるキーの値を返す必要があります。

$grouped = $collection->groupBy(function ($item, $key) {
    return substr($item['account_id'], -3);
});

$grouped->toArray();

/*
    [
        'x10' => [
            ['account_id' => 'account-x10', 'product' => 'Chair'],
            ['account_id' => 'account-x10', 'product' => 'Bookcase'],
        ],
        'x11' => [
            ['account_id' => 'account-x11', 'product' => 'Desk'],
        ],
    ]
*/

has()

hasメソッドは指定したキーがコレクションに存在しているかを調べます。

$collection = collect(['account_id' => 1, 'product' => 'Desk']);

$collection->has('email');

// false

implode()

implodeメソッドはコレクションのアイテムを結合します。引数はコレクションのアイテムのタイプにより異なります。

コレクションに配列化オブジェクトが含まれている場合は、接続したい属性のキーと値の間にはさみたい「糊」の役割の文字列を指定します。

$collection = collect([
    ['account_id' => 1, 'product' => 'Desk'],
    ['account_id' => 2, 'product' => 'Chair'],
]);

$collection->implode('product', ', ');

// Desk, Chair

コレクションが文字列か数値を含んでいるだけなら、メソッドには「糊」の文字列を渡すだけで済みます。

collect([1, 2, 3, 4, 5])->implode('-');

// '1-2-3-4-5'

intersect()

intersectメソッドは指定した「配列」かコレクションに存在していない値を取り除きます。

$collection = collect(['Desk', 'Sofa', 'Chair']);

$intersect = $collection->intersect(['Desk', 'Chair', 'Bookcase']);

$intersect->all();

// [0 => 'Desk', 2 => 'Chair']

見ての通り、結果のコレクションにはオリジナルのコレクションのキーが残ります。

isEmpty()

isEmptyメソッドはコレクションが空の場合にtrueを返します。そうでなければfalseを返します。

collect([])->isEmpty();

// true

keyBy()

指定したキーをコレクションのキーにします。

$collection = collect([
    ['product_id' => 'prod-100', 'name' => 'desk'],
    ['product_id' => 'prod-200', 'name' => 'chair'],
]);

$keyed = $collection->keyBy('product_id');

$keyed->all();

/*
    [
        'prod-100' => ['product_id' => 'prod-100', 'name' => 'Desk'],
        'prod-200' => ['product_id' => 'prod-200', 'name' => 'Chair'],
    ]
*/

同じキーを持つ複数のアイテムがある場合、新しいコレクションには最後のアイテムだけが含まれます。

もしくはコールバックを引数に渡し、コレクションのキーにする値返してください。

$keyed = $collection->keyBy(function ($item) {
    return strtoupper($item['product_id']);
});

$keyed->all();

/*
    [
        'PROD-100' => ['product_id' => 'prod-100', 'name' => 'Desk'],
        'PROD-200' => ['product_id' => 'prod-200', 'name' => 'Chair'],
    ]
*/

keys()

keysメソッドはコレクションの全キーを返します。

$collection = collect([
    'prod-100' => ['product_id' => 'prod-100', 'name' => 'Desk'],
    'prod-200' => ['product_id' => 'prod-200', 'name' => 'Chair'],
]);

$keys = $collection->keys();

$keys->all();

// ['prod-100', 'prod-200']

last()

lastメソッドは指定したテストをパスしたコレクションの最後のアイテムを返します。

collect([1, 2, 3, 4])->last(function ($key, $value) {
    return $value < 3;
});

// 2

またはlastメソッドを引数無しで呼び出し、コレクションの最後の要素を取得することもできます。コレクションが空の場合、nullが返ります。

collect([1, 2, 3, 4])->last();

// 4

map()

mapメソッドコレクション全体を繰り返しで処理し、指定したコールバックから値を返します。コールバックで自由にアイテムを更新し値を返せます。更新したアイテムの新しいコレクションが作成されます。

$collection = collect([1, 2, 3, 4, 5]);

$multiplied = $collection->map(function ($item, $key) {
    return $item * 2;
});

$multiplied->all();

// [2, 4, 6, 8, 10]

注意: 他のコレクションと同様にmapは新しいコレクションインスタンスを返します。呼び出し元のコレクションは変更しません。もしオリジナルコレクションを変更したい場合はtransformメソッドを使います。

max()

maxメソッドは、指定したキーの最大値を返します。

$max = collect([['foo' => 10], ['foo' => 20]])->max('foo');

// 20

$max = collect([1, 2, 3, 4, 5])->max();

// 5

merge()

mergeメソッドは引数の配列をコレクションへマージします。配列の文字列キーがコレクションの文字列キーと一致する場合は、コレクションの値がオーバーライトされます。

$collection = collect(['product_id' => 1, 'name' => 'Desk']);

$merged = $collection->merge(['price' => 100, 'discount' => false]);

$merged->all();

// ['product_id' => 1, 'name' => 'Desk', 'price' => 100, 'discount' => false]

指定した配列のキーが数値の場合、コレクションの最後に追加されます。

$collection = collect(['Desk', 'Chair']);

$merged = $collection->merge(['Bookcase', 'Door']);

$merged->all();

// ['Desk', 'Chair', 'Bookcase', 'Door']

min()

minメソッドは、指定したキーの最小値を返します。

$min = collect([['foo' => 10], ['foo' => 20]])->min('foo');

// 10

$min = collect([1, 2, 3, 4, 5])->min();

// 1

only()

onlyメソッドは、コレクション中の指定したアイテムのみを返します。

$collection = collect(['product_id' => 1, 'name' => 'Desk', 'price' => 100, 'discount' => false]);

$filtered = $collection->only(['product_id', 'name']);

$filtered->all();

// ['product_id' => 1, 'name' => 'Desk']

onlyの正反対の機能は、 exceptメソッドです。

pluck()

pluckメソッドは指定したキーの全コレクション値を取得できます。

$collection = collect([
    ['product_id' => 'prod-100', 'name' => 'Desk'],
    ['product_id' => 'prod-200', 'name' => 'Chair'],
]);

$plucked = $collection->pluck('name');

$plucked->all();

// ['Desk', 'Chair']

さらにコレクションのキー項目も指定できます。

$plucked = $collection->pluck('name', 'product_id');

$plucked->all();

// ['prod-100' => 'Desk', 'prod-200' => 'Chair']

pop()

popメソッドはコレクションの最後のアイテムを削除し、返します。

$collection = collect([1, 2, 3, 4, 5]);

$collection->pop();

// 5

$collection->all();

// [1, 2, 3, 4]

prepend()

prependメソッドはアイテムをコレクションの最初に追加します。

$collection = collect([1, 2, 3, 4, 5]);

$collection->prepend(0);

$collection->all();

// [0, 1, 2, 3, 4, 5]

第2引数を指定し、追加アイテムのキーをセット可能です。

$collection = collect(['one' => 1, 'two', => 2]);

$collection->prepend(0, 'zero');

$collection->all();

// ['zero' => 0, 'one' => 1, 'two', => 2]

pull()

pullメソッドはキーによりアイテムを削除し、そのアイテムを返します。

$collection = collect(['product_id' => 'prod-100', 'name' => 'Desk']);

$collection->pull('name');

// 'Desk'

$collection->all();

// ['product_id' => 'prod-100']

push()

pushメソッドはコレクションの最後にアイテムを追加します。

$collection = collect([1, 2, 3, 4]);

$collection->push(5);

$collection->all();

// [1, 2, 3, 4, 5]

put()

putメソッドは指定したキーと値をコレクションにセットします。

$collection = collect(['product_id' => 1, 'name' => 'Desk']);

$collection->put('price', 100);

$collection->all();

// ['product_id' => 1, 'name' => 'Desk', 'price' => 100]

random()

randomメソッドはコレクションからランダムにアイテムを返します。

$collection = collect([1, 2, 3, 4, 5]);

$collection->random();

// 4 - (retrieved randomly)

オプションで整数値をrandomに渡せます。数値が1より大きい場合、アイテムのコレクションが返されます。

$random = $collection->random(3);

$random->all();

// [2, 4, 5] - (retrieved randomly)

reduce()

reduceメソッドは繰り返しの結果を次の繰り返しに渡しながら、コレクションを単一値へ減らします。

$collection = collect([1, 2, 3]);

$total = $collection->reduce(function ($carry, $item) {
    return $carry + $item;
});

// 6

最初の繰り返しの$carryの値はnullです。しかし初期値を設定したい場合は、reduceの第2引数に渡してください。

$collection->reduce(function ($carry, $item) {
    return $carry + $item;
}, 4);

// 10

reject()

rejectメソッドは指定したコールバックを使用し、コレクションをフィルタリングします。コールバックはコレクションの結果からアイテムを取り除きたい場合にtrueを返します。

$collection = collect([1, 2, 3, 4]);

$filtered = $collection->reject(function ($item) {
    return $item > 2;
});

$filtered->all();

// [1, 2]

rejectメソッドの逆の働きについては、filterメソッドを読んでください。

reverse()

reverseメソッドはコレクションのアイテムの順番を逆にします。

$collection = collect([1, 2, 3, 4, 5]);

$reversed = $collection->reverse();

$reversed->all();

// [5, 4, 3, 2, 1]

search()

searchメソッドは指定した値でコレクションをサーチし、見つけたキーを返します。アイテムが見つからない場合はfalseを返します。

$collection = collect([2, 4, 6, 8]);

$collection->search(4);

// 1

サーチは「緩い」比較で行われます。厳格な比較を行いたい場合はtrueをメソッドの第2引数に渡します。

$collection->search('4', true);

// false

別の方法としてサーチのコールバックを渡し、テストをパスした最初のアイテムを取得することもできます。

$collection->search(function ($item, $key) {
    return $item > 5;
});

// 2

shift()

shiftメソッドはコレクションから最初のアイテムを削除し、その値を返します。

$collection = collect([1, 2, 3, 4, 5]);

$collection->shift();

// 1

$collection->all();

// [2, 3, 4, 5]

shuffle()

shuffleメソッドはコレクションのアイテムをランダムにシャッフルします。

$collection = collect([1, 2, 3, 4, 5]);

$shuffled = $collection->shuffle();

$shuffled->all();

// [3, 2, 5, 1, 4] // (generated randomly)

slice()

sliceメソッドは指定したインデックスからコレクションを切り分けます。

$collection = collect([1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10]);

$slice = $collection->slice(4);

$slice->all();

// [5, 6, 7, 8, 9, 10]

切り分ける数を制限したい場合は、メソッドの第2引数で指定してください。

$slice = $collection->slice(4, 2);

$slice->all();

// [5, 6]

sliceは新しい数字のインデックスキーを返します。オリジナルのキーを保持したい場合は、第3引数にtrueを指定してください。

sort()

sortメソッドはコレクションをソートします。

$collection = collect([5, 3, 1, 2, 4]);

$sorted = $collection->sort();

$sorted->values()->all();

// [1, 2, 3, 4, 5]

ソート済みのコレクションはオリジナルの配列キーを保っています。上記の例ではvaluesメソッドで連続した数字のインデックスにするためリセットしています。

ネストした配列やオブジェクトのコレクションのソートは、sortBysortByDescメソッドを見てください。

より高度なソートを行いたい場合はsortにコールバックを渡し、自分のアルゴリズムを実行できます。コレクションのsortメソッドが裏で呼び出しているusortのPHPドキュメントを参照してください。

sortBy()

sortByメソッドは指定したキーでコレクションをソートします。

$collection = collect([
    ['name' => 'Desk', 'price' => 200],
    ['name' => 'Chair', 'price' => 100],
    ['name' => 'Bookcase', 'price' => 150],
]);

$sorted = $collection->sortBy('price');

$sorted->values()->all();

/*
    [
        ['name' => 'Chair', 'price' => 100],
        ['name' => 'Bookcase', 'price' => 150],
        ['name' => 'Desk', 'price' => 200],
    ]
*/

ソート済みのコレクションはオリジナルの配列キーを保っています。上記の例ではvaluesメソッドで連続した数字のインデックスにするためリセットしています。

コレクション値をどのようにソートするかを決めるため、コールバックを渡すこともできます。

$collection = collect([
    ['name' => 'Desk', 'colors' => ['Black', 'Mahogany']],
    ['name' => 'Chair', 'colors' => ['Black']],
    ['name' => 'Bookcase', 'colors' => ['Red', 'Beige', 'Brown']],
]);

$sorted = $collection->sortBy(function ($product, $key) {
    return count($product['colors']);
});

$sorted->values()->all();

/*
    [
        ['name' => 'Chair', 'colors' => ['Black']],
        ['name' => 'Desk', 'colors' => ['Black', 'Mahogany']],
        ['name' => 'Bookcase', 'colors' => ['Red', 'Beige', 'Brown']],
    ]
*/

sortByDesc()

このメソッドの使い方はsortByと同じで、コレクションを逆順にソートします。

splice()

spliceメソッドは指定したインデックスからアイテムをスライスし、削除し、返します。

$collection = collect([1, 2, 3, 4, 5]);

$chunk = $collection->splice(2);

$chunk->all();

// [3, 4, 5]

$collection->all();

// [1, 2]

結果の塊の大きさを限定するために、第2引数を指定できます。

$collection = collect([1, 2, 3, 4, 5]);

$chunk = $collection->splice(2, 1);

$chunk->all();

// [3]

$collection->all();

// [1, 2, 4, 5]

さらに、コレクションから削除したアイテムに置き換える、新しいアイテムを第3引数に渡すこともできます。

$collection = collect([1, 2, 3, 4, 5]);

$chunk = $collection->splice(2, 1, [10, 11]);

$chunk->all();

// [3]

$collection->all();

// [1, 2, 10, 11, 4, 5]

sum()

sumメソッドはコレクションの全アイテムの合計を返します。

collect([1, 2, 3, 4, 5])->sum();

// 15

コレクションがネストした配列やオブジェクトを含んでいる場合、どの値を合計するのを決めるためにキーを指定してください。

$collection = collect([
    ['name' => 'JavaScript: The Good Parts', 'pages' => 176],
    ['name' => 'JavaScript: The Definitive Guide', 'pages' => 1096],
]);

$collection->sum('pages');

// 1272

さらに、コレクションのどの項目を合計するのかを決めるためにコールバックを渡すこともできます。

$collection = collect([
    ['name' => 'Chair', 'colors' => ['Black']],
    ['name' => 'Desk', 'colors' => ['Black', 'Mahogany']],
    ['name' => 'Bookcase', 'colors' => ['Red', 'Beige', 'Brown']],
]);

$collection->sum(function ($product) {
    return count($product['colors']);
});

// 6

take()

takeメソッドは指定したアイテム数の新しいコレクションを返します。

$collection = collect([0, 1, 2, 3, 4, 5]);

$chunk = $collection->take(3);

$chunk->all();

// [0, 1, 2]

アイテム数に負の整数を指定した場合はコレクションの最後から取得します。

$collection = collect([0, 1, 2, 3, 4, 5]);

$chunk = $collection->take(-2);

$chunk->all();

// [4, 5]

toArray()

toArrayメソッドはコレクションをPHPの「配列」へ変換します。コレクションの値がEloquentモデルの場合は、そのモデルが配列に変換されます。

$collection = collect(['name' => 'Desk', 'price' => 200]);

$collection->toArray();

/*
    [
        ['name' => 'Desk', 'price' => 200],
    ]
*/

注意: toArrayはネストしたオブジェクトも全て配列へ変換します。裏の配列をそのまま取得したい場合は、代わりにallメソッドを使用してください。

toJson()

toJsonメソッドはコレクションをJSONへ変換します。

$collection = collect(['name' => 'Desk', 'price' => 200]);

$collection->toJson();

// '{"name":"Desk","price":200}'

transform()

transformメソッドはコレクションを繰り返し処理し、コレクションの各アイテムに指定したコールバックを適用します。コレクション中のアイテムはコールバックから返される値に置き換わります。

$collection = collect([1, 2, 3, 4, 5]);

$collection->transform(function ($item, $key) {
    return $item * 2;
});

$collection->all();

// [2, 4, 6, 8, 10]

注意: 他のコレクションメソッドとは異なり、transformはコレクション自身を更新します。代わりに新しいコレクションを生成したい場合は、 mapメソッドを使用してください。

unique()

uniqueメソッドはコレクションの重複を取り除いた全アイテムを返します。

$collection = collect([1, 1, 2, 2, 3, 4, 2]);

$unique = $collection->unique();

$unique->values()->all();

// [1, 2, 3, 4]

ソート済みのコレクションはオリジナルの配列キーを保っています。上記の例ではvaluesメソッドで連続した数字のインデックスにするためリセットしています。

ネストした配列やオブジェクトを取り扱いたい場合は、一意であることを決めるキーを指定する必要があります。

$collection = collect([
    ['name' => 'iPhone 6', 'brand' => 'Apple', 'type' => 'phone'],
    ['name' => 'iPhone 5', 'brand' => 'Apple', 'type' => 'phone'],
    ['name' => 'Apple Watch', 'brand' => 'Apple', 'type' => 'watch'],
    ['name' => 'Galaxy S6', 'brand' => 'Samsung', 'type' => 'phone'],
    ['name' => 'Galaxy Gear', 'brand' => 'Samsung', 'type' => 'watch'],
]);

$unique = $collection->unique('brand');

$unique->values()->all();

/*
    [
        ['name' => 'iPhone 6', 'brand' => 'Apple', 'type' => 'phone'],
        ['name' => 'Galaxy S6', 'brand' => 'Samsung', 'type' => 'phone'],
    ]
*/

アイテムが一意であるかを決めるコールバックを渡すこともできます。

$unique = $collection->unique(function ($item) {
    return $item['brand'].$item['type'];
});

$unique->values()->all();

/*
    [
        ['name' => 'iPhone 6', 'brand' => 'Apple', 'type' => 'phone'],
        ['name' => 'Apple Watch', 'brand' => 'Apple', 'type' => 'watch'],
        ['name' => 'Galaxy S6', 'brand' => 'Samsung', 'type' => 'phone'],
        ['name' => 'Galaxy Gear', 'brand' => 'Samsung', 'type' => 'watch'],
    ]
*/

values()

valuesメソッドはキーをリセットし連続した整数にした新しいコレクションを返します。

$collection = collect([
    10 => ['product' => 'Desk', 'price' => 200],
    11 => ['product' => 'Desk', 'price' => 200]
]);

$values = $collection->values();

$values->all();

/*
    [
        0 => ['product' => 'Desk', 'price' => 200],
        1 => ['product' => 'Desk', 'price' => 200],
    ]
*/

where()

whereメソッドは指定したキー/値ペアでコレクションをフィルタリングします。

$collection = collect([
    ['product' => 'Desk', 'price' => 200],
    ['product' => 'Chair', 'price' => 100],
    ['product' => 'Bookcase', 'price' => 150],
    ['product' => 'Door', 'price' => 100],
]);

$filtered = $collection->where('price', 100);

$filtered->all();

/*
[
    ['product' => 'Chair', 'price' => 100],
    ['product' => 'Door', 'price' => 100],
]
*/

whereメソッドは値を厳格に比較します。「緩やか」な比較でフィルタリングしたい場合は、whereLooseメソッドを使います。

whereLoose()

このメソッドはwhereメソッドと同じ使い方をします。全値が「緩やかに」比較される点が異なります。

zip()

zipメソッドは指定した配列の値と対応するインデックスのコレクションの値をマージします。

$collection = collect(['Chair', 'Desk']);

$zipped = $collection->zip([100, 200]);

$zipped->all();

// [['Chair', 100], ['Desk', 200]]

ドキュメント章別ページ

ヘッダー項目移動

注目:アイコン:ページ内リンク設置(リンクがないヘッダーへの移動では、リンクがある以前のヘッダーのハッシュをURLへ付加します。

移動

クリックで即時移動します。

バージョン

設定

適用ボタンクリック後に、全項目まとめて適用されます。

カラーテーマ
和文指定 Pagination
和文指定 Scaffold
Largeスクリーン表示幅
インデント
本文フォント
コードフォント
フォント適用確認

フォントの指定フィールドから、フォーカスが外れると、当ブロックの内容に反映されます。EnglishのDisplayもPreviewしてください。

フォント設定時、表示に不具合が出た場合、当サイトのクッキーを削除してください。

バックスラッシュを含むインライン\Code\Blockの例です。

以下はコードブロックの例です。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * ユーザに関連する電話レコードを取得
     */
    public function phone()
    {
        return $this->hasOne('App\Phone');
    }
}

設定を保存する前に、表示が乱れないか必ず確認してください。CSSによるフォントファミリー指定の知識がない場合は、フォントを変更しないほうが良いでしょう。

キーボード・ショートカット

オープン操作

PDC

ページ(章)移動の左オフキャンバスオープン

HA

ヘッダー移動モーダルオープン

MS

移動/設定の右オフキャンバスオープン

ヘッダー移動

T

最初のヘッダーへ移動

E

最後のヘッダーへ移動

NJ

次ヘッダー(H2〜H4)へ移動

BK

前ヘッダー(H2〜H4)へ移動

その他

?

このヘルプページ表示
閉じる