イントロダクション

Laravelのデフォルトアプリケーション構造はアプリケーションの大小にかかわらず、素晴らしいスタートを切ってもらえることを意図しています。もちろんアプリケーションは皆さんのお好みに応じ、自由に体系立ててください。クラスがComposerによりオートローディングできるならば、Laravelはクラスをどこに配置するか強制することはまずありません。

ルートディレクトリ

新しくインストールしたLaravelのルートディレクトリーには、様々なフォルダーが用意されています。

appディレクトリーは皆さんが想像している通り、皆さんのアプリケーションのコアコードを配置します。このフォルダーの詳細は、このあと説明します。

bootstrapフォルダーはフレームワークの初期起動やオートローディングの設定を行うファイルを含んでいます。その中のcacheフォルダーは初期処理のパフォーマンスを最適化するため、フレームワークが生成するいくつかのファイルが保存されるフォルダーです。

configディレクトリーには名前が示す通り、アプリケーションの全設定ファイルが設置されています。

databaseフォルダーはデータベースのマイグレーションと初期値設定(シーディング)を配置します。ご希望であれば、このファイルをSQLiteデータベースの設置場所としても利用できます。

publicディレクトリーはフロントコントローラーとアセット(画像、JavaScript、CSSなど)を配置します。

resourcesディレクトリーはビューやアセットの元ファイル(LESS、SASS、CoffeeScript)、「言語」ファイルを配置します。

storageディレクトリーにはコンパイルされたBladeテンプレート、ファイルベースのセッション、ファイルキャッシュなど、フレームワークにより生成されるファイルが保存されます。このフォルダーはappframeworklogsディレクトリーに分かれています。appディレクトリーはアプリケーションにより使用されるファイルを保存するために利用します。frameworkディレクトリーはフレームワークが生成するファイルやキャッシュに利用されます。最後のlogsディレクトリーはアプリケーションのログファイルが保存されます。

testsディレクトリーには皆さんの自動テストを配置します。サンプルのPHPUnitテストが最初に含まれています。

vendorディレクトリーには、Composerによる依存パッケージが配置されます。

Appディレクトリー

皆さんのアプリケーションの「肉」の部分は、appディレクトリー内に配置します。このディレクトリーはデフォルトで、App名前空間のもとに置かれており、PSR-4オートローディング規約を使い、Composerがオートロードしています。app:name Artisanコマンドを使用し、この名前空間を変更できます。

appディレクトリーは多様なサブディレクトリーを持っています。ConsoleHttpProvidersなどです。ConsoleHttpディレクトリーは、アプリケーションの「コア」へAPIを提供していると考えてください。HTTPプロトコルとCLIは両方共にアプリケーションと相互に関係するメカニズムですが、実際のアプリケーションロジックではありません。言い換えれば、これらはアプリケーションに指示を出す、2つの方法に過ぎません。Consoleディレクトリーは全Artisanコマンドで構成され、一方のHttpディレクトリーはコントローラーやフィルター、リクエストにより構成されています。

Jobsディレクトリーはアプリケーションのキュー投入可能なジョブを置いておく場所です。Jobsはアプリケーションによりキューに投入されるジョブを表すと同時に、現在のリクエストのライフサイクル中で定期的に実行するタスクを表します。

Eventsディレクトリーは名前の通り、イベントクラスを設置する場所です。イベントは特定のアクションが起きたことをアプリケーションの別の部分に知らせるために使われ、柔軟性と分離性を提供しています。

Listenersディレクトリーはイベントのハンドラークラスを設置します。ハンドラーはイベントを受け取り、発行されたイベントに対応するロジックを実行します。たとえばUserRegisteredイベントはSendWelcomeEmailリスナーにより処理されるでしょう。

Exceptionsディレクトリーはアプリケーションの例外ハンドラーと、さらに自分のアプリケーションから投げる例外を置いておくには最適でしょう。

注目: appディレクトリー中の多くのクラスが、Aritsan コマンドにより生成できます。使用できるコマンドを確認するには、端末でphp artisan list makeコマンドを実行してください。

アプリケーションの名前空間付け

前述の通り、デフォルトのアプリケーション名前空間はAppです。しかし、app:name Artisanコマンドにより簡単に変更することもできます。例えば、アプリケーションの名前が"SocialNet"なら、以下のようにコマンドを実行します。

php artisan app:name SocialNet

もちろん、シンプルなApp名前空間のままにしておくのも自由です。