Laravel 5.1 暗号化

設定

Laravelの暗号化機能を使う前に、config/app.phpファイルのkeyオプションへ32文字のランダム文字列を確実に設定してください。この値をしっかりと設定しないとLaravelにより暗号化される値は安全ではありません。

基本的な使用法

値の暗号化

値を暗号化するには、Cryptファサードが使用できます。暗号化にはいつでもOpenSSLが使用され、AES-256-CBCアルゴリズムが行われます。さらに全暗号化値は変更を検出するためMACを使い署名されます。

たとえば、secretを暗号化するためにencryptメソッドを使い、Eloquentモデルへ保存してみましょう。

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Crypt;
use App\User;
use Illuminate\Http\Request;
use App\Http\Controllers\Controller;

class UserController extends Controller
{
    /**
     * ユーザーの秘密のメッセージを保存
     *
     * @param  Request  $request
     * @param  int  $id
     * @return Response
     */
    public function storeSecret(Request $request, $id)
    {
        $user = User::findOrFail($id);

        $user->fill([
            'secret' => Crypt::encrypt($request->secret)
        ])->save();
    }
}

値の解読

当然ながらCryptファサードのdecryptメソッドを使えば、暗号値を解読(復号)できます。MACが無効な場合など、その値が正しくない時はIlluminate\Contracts\Encryption\DecryptExceptionが投げられます。

use Illuminate\Contracts\Encryption\DecryptException;

try {
    $decrypted = Crypt::decrypt($encryptedValue);
} catch (DecryptException $e) {
    //
}

ドキュメント章別ページ

ヘッダー項目移動

注目:アイコン:ページ内リンク設置(リンクがないヘッダーへの移動では、リンクがある以前のヘッダーのハッシュをURLへ付加します。

移動

クリックで即時移動します。

バージョン

設定

適用ボタンクリック後に、全項目まとめて適用されます。

カラーテーマ
和文指定 Pagination
和文指定 Scaffold
Largeスクリーン表示幅
インデント
本文フォント
コードフォント
フォント適用確認

フォントの指定フィールドから、フォーカスが外れると、当ブロックの内容に反映されます。EnglishのDisplayもPreviewしてください。

フォント設定時、表示に不具合が出た場合、当サイトのクッキーを削除してください。

バックスラッシュを含むインライン\Code\Blockの例です。

以下はコードブロックの例です。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * ユーザに関連する電話レコードを取得
     */
    public function phone()
    {
        return $this->hasOne('App\Phone');
    }
}

設定を保存する前に、表示が乱れないか必ず確認してください。CSSによるフォントファミリー指定の知識がない場合は、フォントを変更しないほうが良いでしょう。

キーボード・ショートカット

オープン操作

PDC

ページ(章)移動の左オフキャンバスオープン

HA

ヘッダー移動モーダルオープン

MS

移動/設定の右オフキャンバスオープン

ヘッダー移動

T

最初のヘッダーへ移動

E

最後のヘッダーへ移動

NJ

次ヘッダー(H2〜H4)へ移動

BK

前ヘッダー(H2〜H4)へ移動

その他

?

このヘルプページ表示
閉じる