(再翻訳中)Laravel 8.x 暗号化

イントロダクション

Laravelの暗号化サービスは、AES-256およびAES-128暗号化を使用してOpenSSLを介してテキストを暗号化および復号化するためのシンプルで便利なインターフェースを提供します。Laravelの暗号化された値はすべて、メッセージ認証コード(MAC)を使用して署名されているため、暗号化された値の基になる値を変更したり改ざんしたりすることはできません。

設定

Laravelの暗号化を使用する前に、config/app.php設定ファイルでkey設定オプションを設定する必要があります。この設定値は、APP_KEY環境変数が反映されます。php artisan key:generateコマンドを使用してこの変数の値を生成する必要があります。これは、key:generateコマンドがPHPの安全なランダムバイトジェネレーターを使用して、アプリケーションの暗号的に安全なキーを構築するためです。通常、APP_KEY環境変数の値は、Laravelのインストール中に生成されます。

エンクリプタの使用

値の暗号化

Cryptファサードが提供するencryptStringメソッドを使用して値を暗号化できます。暗号化された値はすべて、OpenSSLとAES-256-CBC暗号を使用して暗号化されます。さらに、暗号化されたすべての値は、メッセージ認証コード(MAC)で署名されます。統合されたメッセージ認証コードは、悪意のあるユーザーにより改ざんされた値の復号化を防ぎます。

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use App\Http\Controllers\Controller;
use App\Models\User;
use Illuminate\Http\Request;
use Illuminate\Support\Facades\Crypt;

class DigitalOceanTokenController extends Controller
{
    /**
     * ユーザーのDigitalOceanAPIトークンを保存
     *
     * @param  \Illuminate\Http\Request  $request
     * @return \Illuminate\Http\Response
     */
    public function storeSecret(Request $request)
    {
        $request->user()->fill([
            'token' => Crypt::encryptString($request->token),
        ])->save();
    }
}

値の復号

Cryptファサードが提供するdecryptStringメソッドを使用して値を復号化できます。メッセージ認証コードが無効な場合など、値を適切に復号化できない場合、Illuminate\Contracts\Encryption\DecryptExceptionを投げます。

use Illuminate\Contracts\Encryption\DecryptException;
use Illuminate\Support\Facades\Crypt;

try {
    $decrypted = Crypt::decryptString($encryptedValue);
} catch (DecryptException $e) {
    //
}

ドキュメント章別ページ

ヘッダー項目移動

注目:アイコン:ページ内リンク設置(リンクがないヘッダーへの移動では、リンクがある以前のヘッダーのハッシュをURLへ付加します。

移動

クリックで即時移動します。

設定

適用ボタンクリック後に、全項目まとめて適用されます。

カラーテーマ
和文指定 Pagination
和文指定 Scaffold
Largeスクリーン表示幅
インデント
本文フォント
コードフォント
フォント適用確認

フォントの指定フィールドから、フォーカスが外れると、当ブロックの内容に反映されます。EnglishのDisplayもPreviewしてください。

フォント設定時、表示に不具合が出た場合、当サイトのクッキーを削除してください。

バックスラッシュを含むインライン\Code\Blockの例です。

以下はコードブロックの例です。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * ユーザに関連する電話レコードを取得
     */
    public function phone()
    {
        return $this->hasOne('App\Phone');
    }
}

設定を保存する前に、表示が乱れないか必ず確認してください。CSSによるフォントファミリー指定の知識がない場合は、フォントを変更しないほうが良いでしょう。

キーボード・ショートカット

オープン操作

PDC

ページ(章)移動の左オフキャンバスオープン

HA

ヘッダー移動モーダルオープン

MS

移動/設定の右オフキャンバスオープン

ヘッダー移動

T

最初のヘッダーへ移動

E

最後のヘッダーへ移動

NJ

次ヘッダー(H2〜H4)へ移動

BK

前ヘッダー(H2〜H4)へ移動

その他

?

このヘルプページ表示
閉じる