(再翻訳中)Laravel 8.x Eloquent:コレクション

イントロダクション

getメソッドで取得した結果や、リレーションによりアクセスした結果など、結果として複数のモデルを返すEloquentメソッドはすべて、Illuminate\Database\Eloquent\Collectionクラスのインスタンスを返します。EloquentコレクションオブジェクトはLaravelの基本的なコレクションを拡張しているため、基になるEloquentモデルの配列を流暢に操作するため使用する数十のメソッドを自然と継承します。これらの便利な方法についてすべて学ぶために、Laravelコレクションのドキュメントは必ず確認してください!

すべてのコレクションはイテレーターとしても機能し、単純なPHP配列であるかのようにループで使えます。

use App\Models\User;

$users = User::where('active', 1)->get();

foreach ($users as $user) {
    echo $user->name;
}

ただし、前述のようにコレクションは配列よりもはるかに強力であり、直感的なインターフェイスを使用してチェーンする可能性を持つさまざまなマップ/リデュース操作を用意しています。たとえば、非アクティブなモデルをすべて削除してから、残りのユーザーの名を収集する場面を考えましょう。

$names = User::all()->reject(function ($user) {
    return $user->active === false;
})->map(function ($user) {
    return $user->name;
});

Eloquentコレクションの変換

ほとんどのEloquentコレクションメソッドはEloquentコレクションの新しいインスタンスを返しますが、collapseflattenflipkeyspluckzipメソッドは、基本のコレクションインスタンスを返します。同様に、map操作がEloquentモデルを含まないコレクションを返す場合、それは基本コレクションインスタンスに変換されます。

利用可能なメソッド

すべてのEloquentコレクションはベースのLaravelコレクションオブジェクトを拡張します。したがって、これらは基本コレクションクラスによって提供されるすべての強力なメソッドを継承します。

さらに、Illuminate\Database\Eloquent\Collectionクラスは、モデルコレクションの管理を支援するメソッドのスーパーセットを提供します。ほとんどのメソッドはIlluminate\Database\Eloquent\Collectionインスタンスを返します。ただし、modelKeysなどの一部のメソッドは、Illuminate\Support\Collectionインスタンスを返します。

contains($key, $operator = null, $value = null)

containsメソッドを使い、指定モデルインスタンスがコレクションに含まれているかどうかを判定できます。このメソッドは、主キーまたはモデルインスタンスを引数に取ります。

$users->contains(1);

$users->contains(User::find(1));

diff($items)

diffメソッドは、指定コレクションに存在しないすべてのモデルを返します。

use App\Models\User;

$users = $users->diff(User::whereIn('id', [1, 2, 3])->get());

except($keys)

exceptメソッドは、指定する主キーを持たないすべてのモデルを返します。

$users = $users->except([1, 2, 3]);

find($key)

findメソッドは、指定キーと一致する主キーを持つモデルを返します。$keyがモデルインスタンスの場合、findは主キーに一致するモデルを返そうとします。$keyがキーの配列である場合、findは指定配列の中の主キーを持つすべてのモデルを返します。

$users = User::all();

$user = $users->find(1);

fresh($with = [])

freshメソッドは、データベースからコレクション内の各モデルの新しいインスタンスを取得します。さらに、指定したリレーションはすべてEagerロードされます。

$users = $users->fresh();

$users = $users->fresh('comments');

intersect($items)

intersectメソッドは、指定コレクションにも存在するすべてのモデルを返します。

use App\Models\User;

$users = $users->intersect(User::whereIn('id', [1, 2, 3])->get());

load($relations)

loadメソッドは、コレクション内のすべてのモデルに対して指定するリレーションをEagerロードします。

$users->load(['comments', 'posts']);

$users->load('comments.author');

loadMissing($relations)

loadMissingメソッドは、関係がまだロードされていない場合、コレクション内のすべてのモデルに対して指定するリレーションをEagerロードします。

$users->loadMissing(['comments', 'posts']);

$users->loadMissing('comments.author');

modelKeys()

modelKeysメソッドは、コレクション内のすべてのモデルの主キーを返します。

$users->modelKeys();

// [1, 2, 3, 4, 5]

makeVisible($attributes)

makeVisibleメソッドは、通常コレクション内の各モデルで"hidden"になっている属性をvisibleにします

$users = $users->makeVisible(['address', 'phone_number']);

makeHidden($attributes)

makeHiddenメソッドは、通常コレクション内の各モデルで"visible"になっている属性をhiddenにします

$users = $users->makeHidden(['address', 'phone_number']);

only($keys)

onlyメソッドは、指定主キーを持つすべてのモデルを返します。

$users = $users->only([1, 2, 3]);

toQuery()

toQueryメソッドは、コレクションモデルの主キーに対するwhereIn制約を含むEloquentクエリビルダーインスタンスを返します。

use App\Models\User;

$users = User::where('status', 'VIP')->get();

$users->toQuery()->update([
    'status' => 'Administrator',
]);

unique($key = null, $strict = false)

uniqueメソッドは、コレクション内のすべての一意のモデルを返します。コレクション内の、同じタイプで同じ主キーを持つモデルをすべて削除します。

$users = $users->unique();

カスタムコレクション

特定のモデルを操作するときにカスタムのCollectionオブジェクトを使用したい場合は、モデルでnewCollectionメソッドを定義します。

<?php

namespace App\Models;

use App\Support\UserCollection;
use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * 新しいEloquentCollectionインスタンスの作成
     *
     * @param  array  $models
     * @return \Illuminate\Database\Eloquent\Collection
     */
    public function newCollection(array $models = [])
    {
        return new UserCollection($models);
    }
}

newCollectionメソッドを一度定義したら、Eloquentが通常Illuminate\Database\Eloquent\Collectionインスタンスを返すときは、いつでもカスタムコレクションのインスタンスを受け取ります。アプリケーションのすべてのモデルにカスタムコレクションを使用する場合は、アプリケーションのすべてのモデルによって拡張される基本モデルクラスでnewCollectionメソッドを定義する必要があります。

ドキュメント章別ページ

ヘッダー項目移動

注目:アイコン:ページ内リンク設置(リンクがないヘッダーへの移動では、リンクがある以前のヘッダーのハッシュをURLへ付加します。

移動

クリックで即時移動します。

設定

適用ボタンクリック後に、全項目まとめて適用されます。

カラーテーマ
和文指定 Pagination
和文指定 Scaffold
Largeスクリーン表示幅
インデント
本文フォント
コードフォント
フォント適用確認

フォントの指定フィールドから、フォーカスが外れると、当ブロックの内容に反映されます。EnglishのDisplayもPreviewしてください。

フォント設定時、表示に不具合が出た場合、当サイトのクッキーを削除してください。

バックスラッシュを含むインライン\Code\Blockの例です。

以下はコードブロックの例です。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * ユーザに関連する電話レコードを取得
     */
    public function phone()
    {
        return $this->hasOne('App\Phone');
    }
}

設定を保存する前に、表示が乱れないか必ず確認してください。CSSによるフォントファミリー指定の知識がない場合は、フォントを変更しないほうが良いでしょう。

キーボード・ショートカット

オープン操作

PDC

ページ(章)移動の左オフキャンバスオープン

HA

ヘッダー移動モーダルオープン

MS

移動/設定の右オフキャンバスオープン

ヘッダー移動

T

最初のヘッダーへ移動

E

最後のヘッダーへ移動

NJ

次ヘッダー(H2〜H4)へ移動

BK

前ヘッダー(H2〜H4)へ移動

その他

?

このヘルプページ表示
閉じる