イントロダクション

JSONでAPIを作成する場合にはモデルとリレーションを配列やJSONに変換する必要が良く起きます。そのためEloquentはシリアライズ結果にどの属性を含むかをコントロールしながら、変換を行う便利なメソッドを含んでいます

モデルとコレクションのシリアライズ

配列へのシリアライズ

モデルとロード済みのリレーションを配列に変換する場合、toArrayメソッドを使います。このメソッドは再帰的に動作しますので、全属性と全リレーション(リレーションのリレーションも含む)は配列へ変換されます。

$user = App\User::with('roles')->first();

return $user->toArray();

モデルのコレクションを配列に変換することもできます。

$users = App\User::all();

return $users->toArray();

JSONへのシリアライズ

モデルをJSONへ変換するにはtoJsonメソッドを使います。toArrayと同様にtoJsonメソッドは再帰的に動作し、全属性と全リレーションをJSONへ変換します。

$user = App\User::find(1);

return $user->toJson();

もしくはモデルやコレクションが文字列へキャストされる場合、自動的にtoJsonメソッドが呼び出されます。

$user = App\User::find(1);

return (string) $user;

文字列にキャストする場合、モデルやコレクションはJSONに変換されますので、アプリケーションのルートやコントローラーから直接Eloquentオブジェクトを返すことができます。

Route::get('users', function () {
    return App\User::all();
});

JSONに含めない属性

モデルから変換する配列やJSONに、パスワードのような属性を含めたくない場合があります。それにはモデルの$hiddenプロパティーに定義を追加してください。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * 配列に含めない属性
     *
     * @var array
     */
    protected $hidden = ['password'];
}

Note: リレーションを含めない場合は、リレーションの動的プロパティー名ではなく、メソッド名を指定してください。

もしくはモデルを変換後の配列やJSONに含めるべき属性のホワイトリストを定義する、visibleプロパティーを使用してください。モデルが配列やJSONへ変換される場合、その他の属性はすべて、変換結果に含まれません。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * 配列中に含める属性
     *
     * @var array
     */
    protected $visible = ['first_name', 'last_name'];
}

プロパティ配列出力管理の一時的変更

特定のモデルインスタンスにおいて、通常は配列に含めない属性を含めたい場合は、makeVisibleメソッドを使います。このメソッドは、メソッドチェーンしやすいようにモデルインスタンスを返します。

return $user->makeVisible('attribute')->toArray();

同様に、通常は含める属性を特定のインスタンスで隠したい場合は、makeHiddenメソッドを使います。

return $user->makeHidden('attribute')->toArray();

JSONへ値を追加

モデルを配列やJSONへキャストするとき、データベースに対応するカラムがない属性の配列を追加する必要がある場合も時々あります。これを行うには、最初にその値のアクセサを定義します。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * ユーザーの管理者フラッグを取得
     *
     * @return bool
     */
    public function getIsAdminAttribute()
    {
        return $this->attributes['admin'] == 'yes';
    }
}

アクセサができたらモデルのappendsプロパティーへ属性名を追加します。アクセサが「キャメルケース」で定義されていても、属性名は通常通り「スネークケース」でアクセスされることに注目してください。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * モデルの配列形態に追加するアクセサ
     *
     * @var array
     */
    protected $appends = ['is_admin'];
}

appendsリストに属性を追加すれば、モデルの配列とJSON形式両方に含まれるようになります。appends配列の属性もモデルのvisiblehiddenの設定に従い動作します。