Laravel

API認証(Passport)

イントロダクション

Laravelでは古典的なログインフォームによる認証は、簡単に実行できるようになっています。では、APIに関してはどうでしょうか? 通常APIでは、ユーザの認証にトークンを使用し、リクエスト間のセッション状態は保持されません。Laravelアプリケーションのために、完全なOAuth2サーバーの実装を提供するLaravel Passportを使えば、短時間で簡単にAPI認証ができます。Passportは、Alex Bilbieによりメンテナンスされている、League OAuth2サーバ上に構築しています。

Note: このドキュメントは皆さんが、OAuth2に慣れていることを前提にしています。OAuth2について知らなければ、この先を続けて読む前に、一般的な用語とOAuth2の機能について予習してください。

インストール

Composerパッケージマネージャにより、Passportをインストールすることからはじめましょう。

composer require laravel/passport

次に、config/app.php設定ファイルのproviders配列で、Passportサービスプロバイダを登録します。

Laravel\Passport\PassportServiceProvider::class,

Passportサービスプロバイダはフレームワークに対し、自身のマイグレーションディレクトリを登録します。そのためにプロバイダを登録後、データベースのマイグレーションを実行する必要があります。Passportのマイグレーションは、アプリケーションで必要となる、クライアントとアクセストークンを保存しておくテーブルを作成します。

php artisan migrate

次に、passport:installコマンドを実行します。このコマンドは安全なアクセストークンを生成するのに必要な暗号キーを作成します。さらにアクセストークンを生成するために使用する、「パーソナルアクセス」クライアントと「パスワードグラント」クライアントも作成します。

php artisan passport:install

このコマンドを実行後、App\UserモデルへLaravel\Passport\HasApiTokensトレイトを追加してください。このトレイトは認証済みユーザのトークンとスコープを確認するためのヘルパメソッドをモデルに提供します。

<?php

namespace App;

use Laravel\Passport\HasApiTokens;
use Illuminate\Notifications\Notifiable;
use Illuminate\Foundation\Auth\User as Authenticatable;

class User extends Authenticatable
{
    use HasApiTokens, Notifiable;
}

次に、AuthServiceProviderbootメソッドから、Passport::routesメソッドを呼び出す必要があります。このメソッドはアクセストークンの発行、アクセストークンの失効、クライアントとパーソナルアクセストークンの管理のルートを登録します。

<?php

namespace App\Providers;

use Laravel\Passport\Passport;
use Illuminate\Support\Facades\Gate;
use Illuminate\Foundation\Support\Providers\AuthServiceProvider as ServiceProvider;

class AuthServiceProvider extends ServiceProvider
{
    /**
     * アプリケーションのポリシーのマップ
     *
     * @var array
     */
    protected $policies = [
        'App\Model' => 'App\Policies\ModelPolicy',
    ];

    /**
     * 全認証/認可サービスの登録
     *
     * @return void
     */
    public function boot()
    {
        $this->registerPolicies();

        Passport::routes();
    }
}

最後に、config/auth.php設定ファイル中で、ガードのapi認証のdriverオプションをpassportへ変更します。これにより、認証のAPIリクエストが送られてきた時に、パスポートのTokenGuardを使用するように、アプリケーションへ指示します。

'guards' => [
    'web' => [
        'driver' => 'session',
        'provider' => 'users',
    ],

    'api' => [
        'driver' => 'passport',
        'provider' => 'users',
    ],
],

フロントエンド・クイックスタート

Note: パスポートVueコンポーネントを使用するには、Vue JavaScriptフレームワークを使用する必要があります。コンポーネントはBootstrap CSSフレームワークを使用しています。皆さんがこれらのツールを使用しない場合でも、フロントエンド実装の参考として、これらのコンポーネントは役立つでしょう。

パスポートは皆さんのユーザへ、クライアントとパーソナルアクセストークンを作成するために使用するJSON APIを初めから提供しています。しかし、こうしたAPIに関連するフロントエンドをコーディングするには時間を要します。そこで、Passportは実装例、もしくは実装の開始地点として役立ててもらうため、Vueコンポーネントも用意しています。

Passport Vueコンポーネントを公開(Laravel用語で開発者が変更可能なリソースを用意すること)するには、vendor:publish Artisanコマンドを使用します。

php artisan vendor:publish --tag=passport-components

公開されたコンポーネントは、resources/assets/js/componentsディレクトリへ設置されます。公開したコンポーネントは、resources/assets/js/app.jsファイルで登録してください。

Vue.component(
    'passport-clients',
    require('./components/passport/Clients.vue')
);

Vue.component(
    'passport-authorized-clients',
    require('./components/passport/AuthorizedClients.vue')
);

Vue.component(
    'passport-personal-access-tokens',
    require('./components/passport/PersonalAccessTokens.vue')
);

コンポーネントの公開後、クライアントとアクセストークンの作成を開始する前に、アプリケーションのテンプレートへ以下のコードをコピーしてください。

<passport-clients></passport-clients>
<passport-authorized-clients></passport-authorized-clients>
<passport-personal-access-tokens></passport-personal-access-tokens>

設定

トークン持続時間

デフォルトでPassportは、再生成する必要のない、長期間持続するアクセストークンを発行します。トークンの持続時間をもっと短くしたい場合は、tokensExpireInrefreshTokensExpireInメソッドを使ってください。これらのメソッドは、AuthServiceProviderbootメソッドから呼び出してください。

use Carbon\Carbon;

/**
 * 全認証/認可サービスの登録
 *
 * @return void
 */
public function boot()
{
    $this->registerPolicies();

    Passport::routes();

    Passport::tokensExpireIn(Carbon::now()->addDays(15));

    Passport::refreshTokensExpireIn(Carbon::now()->addDays(30));
}

失効トークンの除去

Passportはデフォルトとして、データベースから失効したアクセストークンを削除しません。長い間にこうしたトークンがデータベース上へ積み残り、莫大な数に成り得ます。失効トークンを自動的に削除するようにPassportを設定する場合は、AuthServiceProviderbootメソッドから、pruneRevokedTokensメソッドを呼び出してください。

use Laravel\Passport\Passport;

Passport::pruneRevokedTokens();

このメソッドは、即時に全失効トークンを削除しません。代わりにユーザが新しいトークンを要求するか、存在するトークンをリフレッシュした場合に、失効トークンを削除します。

アクセストークンの発行

OAuth2で認証コードを使いこなせるかは、どの程度開発者がOAuth2に慣れているかによります。認証コードを使用する時、クライアントアプリケーションはそのクライアントに対するアクセストークン発行のリクエストが許可されようと、拒絶されようと、あなたのサーバにそのユーザをリダイレクトします。

クライアント管理

あなたのアプリケーションのAPIと連携する必要のある、アプリケーションを構築しようとしている開発者たちは、最初に「クライアント」を作成することにより、彼らのアプリケーションを登録しなくてはなりません。通常、アプリケーションの名前と、許可のリクエストをユーザが承認した後に、アプリケーションがリダイレクトされるURLにより、登録情報は構成されます。

passport:clientコマンド

クライアントを作成する一番簡単な方法は、passport:client Artisanコマンドを使うことです。このコマンドは、OAuth2の機能をテストするため、皆さん自身のクライアントを作成する場合に使用できます。clientコマンドを実行すると、Passportはクライアントに関する情報の入力を促し、クライアントIDとシークレットを表示します。

php artisan passport:client

JSON API

皆さんのアプリのユーザはclientコマンドを使用できないわけですから、Passportはクライアント作成のJSON APIを提供しています。これにより、クライアントを作成、更新、削除するコントローラをわざわざコードする手間を省略できます。

しかし、PassportのJSON APIと、ユーザにクライアントを管理してもらうダッシュボードを提供する、皆さん自身のフロントエンドを組み合わせる必要はあります。以降では、クライアントを管理するための全APIエンドポイントを確認していきます。エンドポイントに対するHTTPリクエストの作成をデモンストレーションするのに便利なため、Vueを使っていきましょう。

Tip!! クライアント管理のフロントエンドを自分で実装したくなければ、フロントエンド・クイックスタートを使い、短時間で完全に機能するフロントエンドを用意できます。

GET /oauth/clients

このルートは認証されたユーザの全クライアントを返します。ユーザのクライアントの全リストは、主にクライアントを編集、削除する場合に役立ちます。

this.$http.get('/oauth/clients')
    .then(response => {
        console.log(response.data);
    });

POST /oauth/clients

このルートは新クライアントを作成するために使用します。これには2つのデータが必要です。クライアントの名前(name)と、リダイレクト(redirect)のURLです。redirectのURLは許可のリクエストが承認されるか、拒否された後のユーザのリダイレクト先です。

クライアントを作成すると、クライアントIDとクライアントシークレットが発行されます。これらの値はあなたのアプリケーションへリクエストし、アクセストークンを取得する時に使用されます。クライアント作成ルートは、新しいクライアントインスタンスを返します。

const data = {
    name: 'Client Name',
    redirect: 'http://example.com/callback'
};

this.$http.post('/oauth/clients', data)
    .then(response => {
        console.log(response.data);
    })
    .catch (response => {
        // レスポンス上のエラーのリスト
    });

PUT /oauth/clients/{client-id}

このルートはクライアントを更新するために使用します。それには2つのデータが必要です。クライアントのnameredirectのURLです。redirectのURLは許可のリクエストが承認されるか、拒否されたあとのユーザのリダイレクト先です。このルートは更新されたクライアントインスタンスを返します。

const data = {
    name: 'New Client Name',
    redirect: 'http://example.com/callback'
};

this.$http.put('/oauth/clients/' + clientId, data)
    .then(response => {
        console.log(response.data);
    })
    .catch (response => {
        // レスポンス上のエラーのリスト
    });

DELETE /oauth/clients/{client-id}

このルートはクライアントを削除するために使用します。

this.$http.delete('/oauth/clients/' + clientId)
    .then(response => {
        //
    });

トークンのリクエスト

許可のリダイレクト

クライアントが作成されると、開発者はクライアントIDとシークレットを使用し、あなたのアプリケーションへ許可コードとアクセストークンをリクエストするでしょう。まず、API利用側アプリケーションは以下のように、あなたのアプリケーションの/oauth/authorizeルートへのリダイレクトリクエストを作成する必要があります。

Route::get('/redirect', function () {
    $query = http_build_query([
        'client_id' => 'client-id',
        'redirect_uri' => 'http://example.com/callback',
        'response_type' => 'code',
        'scope' => '',
    ]);

    return redirect('http://your-app.com/oauth/authorize?'.$query);
});

Tip!! /oauth/authorizeルートは、既にPassport::routesメソッドが定義づけていることを覚えておいてください。このルートを自分で定義する必要はありません。

リクエストの承認

許可のリクエストを受け取ると、Passportはユーザがその許可のリクエストを承認するか、拒絶するかのテンプレートを自動的に表示します。ユーザが許可した場合、API利用側アプリケーションが指定したredirect_uriへリダイレクトします。redirect_uriは、クライアントを作成した時に指定したredirectのURLと一致する必要があります。

許可の承認ページをカスタマイズしたい場合は、vendor:publish Artisanコマンドを使い、Passportのビューを公開(Laravel用語でリソースを用意すること)する必要があります。公開されたビューは、resources/views/vendor/passportへ設置されます。

php artisan vendor:publish --tag=passport-views

許可コードからアクセストークンへの変換

ユーザが許可リクエストを承認したら、API使用側アプリケーションへリダイレクトされます。使用側はあなたのアプリケーションへ、アクセストークンをリクエストするため、POSTリクエストを送信する必要があります。そのリクエストには、ユーザが許可リクエストを承認した時に発行された許可コードを含める必要があります。この例として、Guzzle HTTPライブラリでPOSTリクエストを作成してみましょう。

Route::get('/callback', function (Request $request) {
    $http = new GuzzleHttp\Client;

    $response = $http->post('http://your-app.com/oauth/token', [
        'form_params' => [
            'grant_type' => 'authorization_code',
            'client_id' => 'client-id',
            'client_secret' => 'client-secret',
            'redirect_uri' => 'http://example.com/callback',
            'code' => $request->code,
        ],
    ]);

    return json_decode((string) $response->getBody(), true);
});

この/oauth/tokenルートは、access_tokenrefresh_tokenexpires_in属性を含むJSONレスポンスを返します。expires_in属性は、アクセストークンが無効になるまでの秒数を含んでいます。

Tip!! /oauth/authorizeルートと同様に、/oauth/tokenルートはPassport::routesメソッドが定義しています。このルートを自分で定義する必要はありません。

トークンのリフレッシュ

アプリケーションが短い有効期限のアクセストークンを発行している場合に、ユーザはアクセストークンを発行する時に提供しているリフレッシュトークンを使用し、アクセストークンをリフレッシュする必要が起きます。以下はGuzzle HTTPライブラリを使用し、トークンをリフレッシュする例です。

$http = new GuzzleHttp\Client;

$response = $http->post('http://your-app.com/oauth/token', [
    'form_params' => [
        'grant_type' => 'refresh_token',
        'refresh_token' => 'the-refresh-token',
        'client_id' => 'client-id',
        'client_secret' => 'client-secret',
        'scope' => '',
    ],
]);

return json_decode((string) $response->getBody(), true);

この/oauth/tokenルートは、access_tokenrefresh_tokenexpires_in属性を含むJSONレスポンスを返します。expires_in属性は、アクセストークンが無効になるまでの秒数を含んでいます。

パスワードグラントのトークン

OAuth2のパスワードグラントはモバイルアプリケーションのような、その他のファーストパーティクライアントへ、メールアドレス/ユーザ名とパスワードを使ったアクセストークンの取得を提供します。これによりOAuth2のAuthozization Codeリダイレクトフローに完全に従うことをユーザへ要求せずとも、アクセストークンを安全に発行できます。

パスワードグラントクライアントの作成

パスワードグラントによりあなたのアプリケーションがトークンを発行できるようにする前に、パスワードグラントクライアントを作成する必要があります。それには、passport:clientコマンドで--passwordを使用してください。すでにpassport:installコマンドを実行済みの場合、このコマンドを実行する必要はありません。

php artisan passport:client --password

トークンのリクエスト

パスワードグラントクライアントを作成したら、ユーザのメールアドレスとパスワードを指定し、/oauth/tokenルートへPOSTリクエストを発行することで、アクセストークンをリクエストできます。このルートは、Passport::routesメソッドが登録しているため、自分で定義する必要がないことを覚えておきましょう。リクエストに成功すると、サーバーからaccess_tokenrefresh_tokenのJSONレスポンスを受け取ります。

$http = new GuzzleHttp\Client;

$response = $http->post('http://your-app.com/oauth/token', [
    'form_params' => [
        'grant_type' => 'password',
        'client_id' => 'client-id',
        'client_secret' => 'client-secret',
        'username' => 'taylor@laravel.com',
        'password' => 'my-password',
        'scope' => '',
    ],
]);

return json_decode((string) $response->getBody(), true);

Tip!! アクセストークンはデフォルトで、長期間有効であることを記憶しておきましょう。ただし、必要であれば自由に、アクセストークンの最長持続時間を設定できます。

全スコープの要求

パスワードグラントを使用時は、あなたのアプリケーションでサポートする、全スコープを許可するトークンを発行したいと考えるかと思います。*スコープをリクエストすれば可能です。*スコープをリクエストすると、そのトークンインスタンスのcanメソッドは、いつもtrueを返します。このスコープは「パスワード」グラントを使って発行されたトークのみに割り付けるのが良いでしょう。

$response = $http->post('http://your-app.com/oauth/token', [
    'form_params' => [
        'grant_type' => 'password',
        'client_id' => 'client-id',
        'username' => 'taylor@laravel.com',
        'password' => 'my-password',
        'scope' => '*',
    ],
]);

パーソナルアクセストークン

ときどき、あなたのユーザが典型的なコードリダイレクションフローに従うのではなく、自分たち自身でアクセストークンを発行したがることもあるでしょう。あなたのアプリケーションのUIを通じて、ユーザ自身のトークンを発行を許可することにより、あなたのAPIをユーザに経験してもらう事ができますし、全般的なアクセストークン発行するシンプルなアプローチとしても役立つでしょう。

Note: パーソナルアクセストークンは常に長期間有効です。tokensExpireInrefreshTokensExpireInメソッドを使用しても、有効期間を変更できません。

パーソナルアクセスクライアントの作成

あなたのアプリケーションでパーソナルアクセストークンを発行できるようにする前に、パーソナルアクセスクライアントを作成する必要があります。--personalオプションを付け、passport:clientコマンドを実行すれば、作成できます。passport:installコマンドを実行済みの場合、このコマンドを実行する必要はありません。

php artisan passport:client --personal

パーソナルアクセストークンの管理

パーソナルアクセスクライアントを作成したら、UserモデルインスタンスのcreateTokenメソッドを使用し、指定ユーザに対しトークンを発行することができるようになります。createTokenメソッドは最初の引数として、トークンの名前を受け付けます。任意の第2引数として、スコープの配列を指定できます。

$user = App\User::find(1);

// スコープ無しのトークンを作成する
$token = $user->createToken('Token Name')->accessToken;

// スコープ付きのトークンを作成する
$token = $user->createToken('My Token', ['place-orders'])->accessToken;

JSON API

Passportはパーソナルアクセストークンを管理するためのJSON APIも持っています。パーソナルアクセストークンを管理するダッシュボードをユーザへ提供するため、これを皆さんの自身のフロントエンドと組み合わせてください。以降で、パーソナルアクセストークンを管理する全APIエンドポイントを確認していきます。エンドポイントへのHTTPリクエストを作成するデモンストレーションのため、Vueを使っていきます。

Tip!! パーソナルアクセストークンのフロントエンドを自分自身で実装したくない場合は、フロントエンドクイックスタートを使用して、短時間に完全な機能を持つフロントエンドを用意できます。

GET /oauth/scopes

このルートはあなたのアプリケーションで定義した、全スコープを返します。このルートを使い、ユーザがパーソナルアクセストークンに割り付けたスコープをリストできます。

this.$http.get('/oauth/scopes')
    .then(response => {
        console.log(response.data);
    });

GET /oauth/personal-access-tokens

このルートは認証中のユーザが作成したパーソナルアクセストークンを全て返します。ユーザがトークンの編集や削除を行うため、全トークンをリストするために主に使われます。

this.$http.get('/oauth/personal-access-tokens')
    .then(response => {
        console.log(response.data);
    });

POST /oauth/personal-access-tokens

このルートは新しいパーソナルアクセストークンを作成します。トークンの名前(name)と、トークンに割り付けるスコープ(scope)の、2つのデータが必要です。

const data = {
    name: 'Token Name',
    scopes: []
};

this.$http.post('/oauth/personal-access-tokens', data)
    .then(response => {
        console.log(response.data.accessToken);
    })
    .catch (response => {
        // レスポンス上のエラーのリスト
    });

DELETE /oauth/personal-access-tokens/{token-id}

このルートはパーソナルアクセストークンを削除するために使用します。

this.$http.delete('/oauth/personal-access-tokens/' + tokenId);

ルート保護

ミドルウェアによる保護

Passportは送信されてきたリクエスト上のアクセストークンをバリデートする、認証ガードを用意しています。passportドライバをapiガードで使うように設定すれば、あとはアクセストークンをバリデートしたいルートに、auth:apiミドルウェアを指定するだけです。

Route::get('/user', function () {
    //
})->middleware('auth:api');

アクセストークンの受け渡し

Passportにより保護されているルートを呼び出す場合、あなたのアプリケーションのAPI利用者は、リクエストのAuthorizationヘッダとして、アクセストークンをBearerトークンとして指定する必要があります。Guzzle HTTPライブラリを使う場合を例として示します。

$response = $client->request('GET', '/api/user', [
    'headers' => [
        'Accept' => 'application/json',
        'Authorization' => 'Bearer '.$accessToken,
    ],
]);

トークンのスコープ

スコープの定義

スコープは、あるアカウントにアクセスする許可がリクエストされたとき、あなたのAPIクライアントに限定された一連の許可をリクエストできるようにします。たとえば、eコマースアプリケーションを構築している場合、全API利用者へ発注する許可を与える必要はないでしょう。代わりに、利用者へ注文の発送状況にアクセスできる許可を与えれば十分です。言い換えれば、スコープはアプリケーションユーザに対し、彼らの代理としてのサードパーティアプリケーションが実行できるアクションを制限できるようにします。

AuthServiceProviderbootメソッドの中で、Passport::tokensCanメソッドを用い、皆さんのAPIのスコープを定義できます。tokenCanメソッドはスコープ名とスコープの説明の配列を引数に取ります。スコープの説明はお望み通りに記述でき、許可の承認ページでユーザに表示されます。

use Laravel\Passport\Passport;

Passport::tokensCan([
    'place-orders' => 'Place orders',
    'check-status' => 'Check order status',
]);

トークンへのスコープ割り付け

許可コードのリクエスト時

許可コードグラントを用い、アクセストークンをリクエストする際、利用者はscopeクエリ文字列パラメータとして、希望するスコープを指定する必要があります。scopeパラメータはスコープを空白で区切ったリストです。

Route::get('/redirect', function () {
    $query = http_build_query([
        'client_id' => 'client-id',
        'redirect_uri' => 'http://example.com/callback',
        'response_type' => 'code',
        'scope' => 'place-orders check-status',
    ]);

    return redirect('http://your-app.com/oauth/authorize?'.$query);
});

パーソナルアクセストークン発行時

UserモデルのcreateTokenメソッドを使用し、パーソナルアクセストークンを発行する場合、メソッドの第2引数として希望するスコープを配列で渡します。

$token = $user->createToken('My Token', ['place-orders'])->accessToken;

スコープのチェック

Passportには、指定されたスコープが許可されているトークンにより、送信されたリクエストが認証されているかを確認するために使用できる、2つのミドルウエアが用意されています。これを使用するには、app/Http/Kernel.phpファイルの$routeMiddlewareプロパティーへ、以下のミドルウェアを追加してください。

'scopes' => \Laravel\Passport\Http\Middleware\CheckScopes::class,
'scope' => \Laravel\Passport\Http\Middleware\CheckForAnyScope::class,

全スコープの確認

scopesミドルウェアは、リストしたスコープが全て、送信されてきたリクエストのアクセストークンに含まれていることを確認するため、ルートへ指定します。

Route::get('/orders', function () {
    // アクセストークンは"check-status"と"place-orders"、両スコープを持っている
})->middleware('scopes:check-status,place-orders');

一部のスコープの確認

scopeミドルウエアは、リストしたスコープのうち、最低1つが送信されてきたリクエストのアクセストークンに含まれていることを確認するため、ルートへ指定します。

Route::get('/orders', function () {
    // アクセストークンは、"check-status"か"place-orders"、どちらかのスコープを持っている
})->middleware('scope:check-status,place-orders');

スコープのチェック On A Token Instance

アクセストークンが確認されたリクエストがアプリケーションにやってきた後でも、認証済みのUserインスタンスへtokenCanメソッドを使用し、トークンが指定したスコープを持っているかを確認できます。

use Illuminate\Http\Request;

Route::get('/orders', function (Request $request) {
    if ($request->user()->tokenCan('place-orders')) {
        //
    }
});

APIをJavaScriptで利用

API構築時にJavaScriptアプリケーションから、自分のAPIを利用できたらとても便利です。このAPI開発のアプローチにより、世界中で共有されるのと同一のAPIを自身のアプリケーションで使用できるようになります。自分のWebアプリケーションやモバイルアプリケーション、サードパーティアプリケーション、そして様々なパッケージマネージャ上で公開するSDKにより、同じAPIが使用されます。

通常、皆さんのAPIをJavaScriptアプリケーションから使用しようとするなら、アプリケーションに対しアクセストークンを自分で送り、それを毎回リクエストするたび、一緒にアプリケーションへ渡す必要があります。しかし、Passportにはこれを皆さんに変わって処理するミドルウェアが用意してあります。必要なのは、webミドルウェアグループにCreateFreshApiTokenミドルウェアを追加することだけです。

'web' => [
    // 他のミドルウェア…
    \Laravel\Passport\Http\Middleware\CreateFreshApiToken::class,
],

このPassportミドルウェアはlaravel_tokenクッキーを送信するレスポンスへ付加します。このクッキーはPassportが、皆さんのJavaScriptアプリケーションからのAPIリクエストを認可するために使用する、暗号化されたJWTを含んでいます。これで、アクセストークンを明示的に渡さなくても、あなたのアプリケーションのAPIへリクエストを作成できるようになります。

this.$http.get('/user')
    .then(response => {
        console.log(response.data);
    });

この認証メソッド使う場合、全リクエストのX-CSRF-TOKENヘッダを通して、CSRFトークンを送る必要があります。フレームワークに含まれる、デフォルトのVue設定を使用すると、Laravelは自動的にこのヘッダを送信します。

Vue.http.interceptors.push((request, next) => {
    request.headers.set('X-CSRF-TOKEN', Laravel.csrfToken);

    next();
});

Note: 他のJavaScriptフレームワークを使用している場合は、確実にこのヘッダと共に、各リクエストを送信してください。

ドキュメント章別ページ

開発環境
ビューとテンプレート
Artisanコンソール
公式パッケージ

ヘッダー項目移動

注目:アイコン:ページ内リンク設置(リンクがないヘッダーへの移動では、リンクがある以前のヘッダーのハッシュをURLへ付加します。

移動

クリックで即時移動します。

バージョン

設定

適用ボタンクリック後に、全項目まとめて適用されます。

カラーテーマ
和文指定 Pagination
和文指定 Scaffold
Largeスクリーン表示幅
インデント
本文フォント
コードフォント
フォント適用確認

フォントの指定フィールドから、フォーカスが外れると、当ブロックの内容に反映されます。EnglishのDisplayもPreviewしてください。

フォント設定時、表示に不具合が出た場合、当サイトのクッキーを削除してください。

バックスラッシュを含むインライン\Code\Blockの例です。

以下はコードブロックの例です。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * ユーザに関連する電話レコードを取得
     */
    public function phone()
    {
        return $this->hasOne('App\Phone');
    }
}

設定を保存する前に、表示が乱れないか必ず確認してください。CSSによるフォントファミリー指定の知識がない場合は、フォントを変更しないほうが良いでしょう。

キーボード・ショートカット

オープン操作

PDC

ページ(章)移動の左オフキャンバスオープン

HA

ヘッダー移動モーダルオープン

MS

移動/設定の右オフキャンバスオープン

ヘッダー移動

T

最初のヘッダーへ移動

E

最後のヘッダーへ移動

NJ

次ヘッダー(H2〜H4)へ移動

BK

前ヘッダー(H2〜H4)へ移動

その他

?

このヘルプページ表示
閉じる