イントロダクション

マイグレーションはデータベースをバージョンコントロールする一手法です。これはデータベーススキーマの修正と現状のスキーマの状態を最新状態に保つことを両立させてくれます。マイグレーションはアプリケーションのスキーマを簡単に管理するためのスキーマ・ビルダーと一緒に使用されるのが典型的です。

マイグレーション生成

make:migration Artisan CLIを使い、マイグレーションを生成できます。

php artisan make:migration create_users_table

マイグレーションはdatabase/migrationsフォルダーに設置され、マイグレーションの実行順をフレームワークに知らせるため、名前にタイムスタンプが含まれています。

--table--createオプションもテーブル名、マイグレーションで新しいテーブルを生成するかを指定するために使用できます。

php artisan make:migration add_votes_to_users_table --table=users

php artisan make:migration create_users_table --create=users

マイグレーション実行

未実行の全マイグレーション実行

php artisan migrate

注目: "class not found"エラーがマイグレーション実行時に発生する場合は、composer dump-autoloadコマンドを実行してみてください。

実働環境でのマイグレーションを強制

いくつかのマイグレーション操作は破壊的です。つまり、データーを失う可能性があります。実働環境のデータベースでこうしたコマンドが実行されることから保護するために、コマンド実行前に確認のプロンプトが表示されます。コマンド実行時のプロンプトを出さないためには、--forceフラグを指定してください。

php artisan migrate --force

マイグレーションのロールバック

最後のマイグレーション操作のロールバック

php artisan migrate:rollback

全マイグレーションをロールバック

php artisan migrate:reset

全マイグレーションをロールバックし、全部再実行

php artisan migrate:refresh

php artisan migrate:refresh --seed

データベース初期値設定

更に初期値設定(seed)クラスを使用し、テストデーターをデーターベースに設定する、シンプルな方法もLaravelには備わっています。全部の初期値設定クラスはdatabase/seedsに保存されます。初期値設定クラスには好きな名前を付けられます。ですがUserTableSeederなどのような分かりやすい規則に従ったほうが良いでしょう。デフォルトとして、DatabaseSeederクラスが定義されています。このクラスからcallメソッドを使い、他の初期値設定クラスを呼び出すことで、値を設定する順番をコントロールできます。

データベース初期値設定の例

class DatabaseSeeder extends Seeder {

    public function run()
    {
        $this->call('UserTableSeeder');

        $this->command->info('User table seeded!');
    }

}

class UserTableSeeder extends Seeder {

    public function run()
    {
        DB::table('users')->delete();

        User::create(['email' => 'foo@bar.com']);
    }

}

データベースに初期データーを設置するには、Artisanコマンドラインツールでdb:seedコマンドを使ってください。

php artisan db:seed

デフォルトでは、db:seedコマンドは、他の初期値設定クラスを呼び出しているDatabaseSeederクラスを実行します。個別に初期値設定クラスを呼び出したい場合は、--classオプションを指定して実行することができます。

php artisan db:seed --class=UserTableSeeder

またmigrate:refreshコマンドを使用し、マイグレーションを全部ロールバックし、再度実行することでも、初期データーを設置できます。

php artisan migrate:refresh --seed